コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どんより ドンヨリ

デジタル大辞泉の解説

どんより

[副](スル)
空が曇って重苦しく感じられるさま。空気などが濁って不透明なさま。「どんより(と)曇った日」「どんより(と)よどんだ沼の水」
目が濁って生気が感じられないさま。「どんより(と)した目つき」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どんより

( 副 ) スル
空がくもって重苦しいさま。 「 -(と)くもった空」 「 -(と)した空」
目がにごっているさま。 「 -(と)にごった目」 「 -(と)した目」
空気・水などがにごって新鮮でないさま。 「部屋の空気が-(と)よどんでいる」 「 -(と)動かない運河の水」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

どんよりの関連キーワードうどん(饂飩)ウルメイワシ切り麦・切麦重加速現象ほうとう麺ベルギー天気俚諺十方暮れどんみり冷や麦降出す鰊群来黒南風雪催い雨模様乱層雲高層雲グレイ予報曇む

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

どんよりの関連情報