コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ばさばさ バサバサ

デジタル大辞泉の解説

ばさ‐ばさ

[副](スル)
薄くて乾いた物などが、触れ合ったりはためいたりするときの音や、そのさまを表す語。「鯉のぼりがばさばさ(と)翻る」「羽をばさばさ(と)させて飛び立つ」
水分がなくなり乾ききっているさま。頭髪などのつやがなくなり乱れているさま。「ばさばさ(と)した髪の毛」
[形動]2に同じ。「ばさばさに乾く」
[アクセント]サバサ、はバサバサ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばさばさ

[1] ( 副 ) スル
乾いた物などが触れ合ったりして発する音を表す語。 「竹の葉が-(と)音を立てる」 「鳥が-とはばたく」
水分や油分が少ないさま。 「 -した髪」
物を思い切りよく切り落とすさま。ばっさばっさ。 「予算を-(と)削る」
[0] ( 形動 )
に同じ。 「髪が-だ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ばさばさの関連キーワードアクセント婆娑羅髪ばさつく髪の毛水分つや頭髪波山

ばさばさの関連情報