コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

びりびり ビリビリ

デジタル大辞泉の解説

びり‐びり

[副]
紙や布が裂ける音や、そのさまを表す語。「紙をびりびり(と)破く」
物が小刻みに震動する音や、そのさまを表す語。「爆風で窓ガラスがびりびり(と)鳴る」
電気などの強い刺激をからだに継続的に感じるさま。「びりびり(と)電気が走る」
神経が高ぶっているさま。ひどく過敏になっているさま。「びりびり(と)緊張感が漂う」
[形動]紙や布があちこち破れているさま。「びりびりに引き裂かれたポスター」
[アクセント]リビリ、はビリビリ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びりびり

[1] ( 副 ) スル
(「と」を伴っても用いる)
紙や布を乱暴に破る音やさまを表す語。 「答案を-(と)破る」
強い風、大きな音、激しい震動などの影響で、ガラスなどが小刻みに震動するさま。また、その音を表す語。 「爆風で窓ガラスが-(と)いう」 「地鳴りがして床が-震えた」
皮膚に強い刺激を感じるさま。特に、電撃についていう。 「コンセントに触れたら-ときた」 「 -しびれる」
強く反応するさま。欲しがるさま。 「酒にも女にも-する男だぜ/人情本・恵の花」
[0] ( 形動 )
紙や布が乱暴に破られているさま。はなはだしく破れているさま。 「 -に破かれたシャツ」 「 -の包み紙」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

びりびりの関連キーワードアクセントびりつく窓ガラスぴりぴりポスター痺れる爆風電気

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

びりびりの関連情報