びりびり

精選版 日本国語大辞典「びりびり」の解説

びり‐びり

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 紙や布などが裂ける音、または、裂けているさまを表わす語。
※門(1910)〈夏目漱石〉八「『障子を張るときは余程慎重にしないと失策(しくじ)るです』〈略〉茶の間の縁側からびりびり破き始めた」
② 体をふるわせるさま。また、一般に小刻みにふるえて動くさまを表わす語。
※浮世草子・好色一代男(1682)四「びりびりと身ぶるひして出る息とまって」
③ 大きな音が響くさま、特にその音が物を細かく震動させて響くさまを表わす語。
※四河入海(17C前)一二「転関護索の曲をはらりとひくときは雷の空堂に響するが如にして、窓なんどもびりびりとなるぞ」
④ 飢えているさま、欲情するさまを表わす語。
※人情本・春色恵の花(1836)二「酒にも女にもびりびりする男だぜ」
⑤ 心や神経を強く刺激するさま、また、刺激を受け、神経を高ぶらせて興奮するさまを表わす語。
※土(1910)〈長塚節〉四「お品の大儀相な容子が彼の臆した心にびりびりと響いて」
⑥ 刺激や痛みを継続して感じるさまを表わす語。
[2] 〘形動〙 紙や布があちこち破れ裂けているさま。
滑稽本浮世風呂(1809‐13)二「布布(のんの)て見たらの、手をあてる所(とこ)がビリビリさ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「びりびり」の解説

びり‐びり

[副]
紙や布が裂ける音や、そのさまを表す語。「紙をびりびり(と)破く」
物が小刻みに震動する音や、そのさまを表す語。「爆風で窓ガラスがびりびり(と)鳴る」
電気などの強い刺激をからだに継続的に感じるさま。「びりびり(と)電気が走る」
神経が高ぶっているさま。ひどく過敏になっているさま。「びりびり(と)緊張感が漂う」
[形動]紙や布があちこち破れているさま。「びりびりに引き裂かれたポスター」
[アクセント]リビリ、はビリビリ
[類語]1ばりっとぱりっとばりばりぱりぱりびりっとぴりっとべりべり/(2ぴりぴり/(3ぴりっとひりりびりりぴりりひりひりぴりぴりうずくずきずきしくしくちくちくひりつくしみる差し込む痛む痛める痛いきりきりずきんずきんがんがんちくり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android