アリストファネス(読み)ありすとふぁねす(英語表記)Aristophans

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリストファネス(文献学者)
ありすとふぁねす
Aristophans
(前257ころ―前180)

古代ギリシアの文献学者。ビザンティンの出身で、アレクサンドリアの図書館長を務め、言語、文学、自然科学など、広い領域にわたって研究した。辞書、文法書などを著したほか、とくに原典批判の方法についてさまざまのくふうを試み、ホメロスをはじめ多くのギリシア古典詩人の写本を編集して校訂本を刊行した。当時発展しつつあった文献学への貢献はきわめて大きい。[岡 道男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アリストファネスの関連情報