コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリストファネス[ビザンチン] アリストファネス[ビザンチン]Aristophanēs of Byzantine

1件 の用語解説(アリストファネス[ビザンチン]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリストファネス[ビザンチン]
Aristophanēs of Byzantine

[生]前257頃
[没]前180頃
ギリシアの文献学者。アレクサンドリア図書館長。ホメロス,悲劇詩人,抒情詩人の作品校訂と注釈書で後代に決定的な影響を及ぼしたことが知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アリストファネス[ビザンチン]の関連キーワード傷害保険判形オーバーヘッドアプローチイチロー経度干渉縞ターンタイプ時効来栖けい円谷祐奈

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone