コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリストファネス[ビザンチン] Aristophanēs of Byzantine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリストファネス[ビザンチン]
Aristophanēs of Byzantine

[生]前257頃
[没]前180頃
ギリシアの文献学者。アレクサンドリア図書館長。ホメロス,悲劇詩人,抒情詩人の作品校訂と注釈書で後代に決定的な影響を及ぼしたことが知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アリストファネス[ビザンチン]の関連キーワードシクスツス2世干渉(波)傷害保険判形ステファヌス1世メルセンヌ素数九州横断自動車道オーバーヘッドアプローチ全天カメラ満文老檔

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android