オーリック(英語表記)Auric, Georges

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーリック
Auric, Georges

[生]1899.2.15. ロデーブ
[没]1983.7.23. パリ
フランスの作曲家。「六人組」の一人。パリのスコラ・カントールムで作曲を V.ダンディに学ぶ。 E.サティ,ストラビンスキーに影響を受け,知的な作品を書き,特に劇場音楽にすぐれた才能を示す。また J.コクトー,R.クレール監督らの映画の作曲も行なっている。『美女と野獣』『自由を我等に』などが有名。 1962年パリ・オペラ座の芸術監督に就任。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オーリック

フランスの作曲家。パリ音楽院(コンセルバトアール)でオネゲルミヨーと知り合い,スコラ・カントルムでダンディに学ぶ。〈六人組〉に最年少のメンバーとして参加し,バレエ・リュッスのために書いた《うるさがた》(1924年),《水夫》(1925年)などのバレエ音楽で名声を獲得。また,劇音楽や映画音楽に才能を発揮した。以後の代表作に,《ピアノ・ソナタ》(1931年),ラシーヌの戯曲によるバレエ音楽《フェードル》(1950年),《2台のピアノのためのパルティータ》(1955年),連作《イマジネ》(1965年−1973年)などがあり,後年は12音技法(十二音音楽)も採用するなど自在な作風を示した。映画音楽では,クレール監督の《自由を我等に》,コクトー監督の《美女と野獣》《オルフェ》などが広く知られる。1962年−1968年オペラ座とオペラ・コミック座の総監督。→ディアギレフ
→関連項目プーランク

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

オーリック

フランスの作曲家。「六人組」の一員である。モンペリエ音楽院で学んだ後、パリ音楽院で対位法とフーガを、スコラ・カントルムでダンディに作曲を学んだ。コクトーやルネ・クレールの映画の音楽、ディアギレフのロ ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーリック
おーりっく
Georges Auric
(1899―1983)

フランスの作曲家。10代のなかばころパリ音楽院、スコラ・カントルムで学びながら、サティ、ミヨー、オネゲルらの知遇を得、1920年に結成された「六人組」の一員となり、詩人ジャン・コクトーとの親交を深めた。映画音楽、バレエ音楽、管弦楽曲、ピアノ曲、歌曲など活動範囲は広いが、共通していることは、軽妙で洗練された旋律、和声、リズム構造で、サティ、ストラビンスキー、ときにはスクリャービンらの影響を感じさせる。代表作にバレエ曲『水夫』(1925)および『フェードル』(1948)、映画音楽に『詩人の血』(1930)、『自由を我等(われら)に』(1931)、『オルフェ』(1949)、『赤い風車』(1952)、そしてピアノ・ソナタヘ長調(1930~31)などがある。[細川周平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

オーリック

(Georges Auric ジョルジュ━) フランスの作曲家。「六人組」の一人で、映画、バレエ、劇音楽などを作曲。(一八九九‐一九八三

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android