コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンムリワシ カンムリワシ Spilornis cheela; crested serpent eagle

3件 の用語解説(カンムリワシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンムリワシ
カンムリワシ
Spilornis cheela; crested serpent eagle

タカ目タカ科。全長 55cm。全身褐色であるが,頭部は黒と白のまだらで,後頭部に短い冠羽がある。胸以下の下面には白色斑が散在する。嘴は黒褐色,眼光と眼の周囲および脚は黄色。ヒマラヤから中国,東南アジアに分布し,日本では南西諸島石垣島西表島与那国島の密林に生息している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カンムリワシ

タカ科の鳥。翼長37cm。全体に茶褐色で翼に小さな白斑がある。後頭部の羽毛は興奮すると冠のように立つ。中国南部から東南アジアにかけて分布。日本では八重山諸島で殖する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンムリワシ
かんむりわし / 冠鷲
crested serpent eagle
[学]Spirornis cheela

鳥綱タカ目タカ科の鳥。ヒマラヤ、インド、南アジア、台湾、中国南部に分布するが、日本では沖縄県の八重山列島(やえやまれっとう)だけに留鳥としてみられる。全長約55センチメートル、翼長約35センチメートル、頭上は白と黒のまだらで後頭の羽毛が冠羽状になることからこの名がある。体の上面は紫褐色で、翼には白い小斑(しょうはん)がある。体の下面は褐色で、黒褐色の横斑と白点が並んでいる。眼先(めさき)と目の周囲は黄色をしている。若鳥は体が白くて、後頭や背には黒斑がある。西表島(いりおもてじま)では普通にみられるが、石垣島には少ない。森林にすむが、農耕地や海岸、林縁に出てきて、ヘビ、カエル、カニなどをとらえる。飛翔(ひしょう)中は両翼をV形に保つ。日本では1981年(昭和56)に初めて巣が発見された。1977年に特別天然記念物に指定されている。[高野伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンムリワシの関連キーワードアブラヨタカ鷹の羽鯛犬鷲トビ(鳶)イヌワシ(犬鷲)クマタカ(熊鷹)タチヨタカ(立夜鷹)ハイタカ(鷂)ミサゴ(鶚)ヨタカ(夜鷹)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カンムリワシの関連情報