キャンベル(英語表記)Campbell, Alexander

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャンベル
Campbell, Alexander

[生]1788.9.12.
[没]1866.3.4.
アイルランド生れのアメリカの宗教指導者。ディサイプル教会の創設者。牧師である父のあとを追ってアメリカに渡り,バプテスト教会連盟に属したが,信仰上の対立から同教会を追われ,1810年ペンシルバニア州で独立教会 Reformed Baptistsを創設。それはのちにディサイプル教会となり,その教会員はキャンベル派と呼ばれた。その教義は浸礼を重視し,聖書のみを規範とし,三位一体論に関する一切の形式的表現を拒否し,とりわけキリストの再臨が切迫していることを強く説いた。雑誌『クリスチャン・バプテスト』 The Christian Baptist (7号,1835) を編集し,"The Christian System" (39) を書いた。

キャンベル
Campbell, Colen

[生]1676. スコットランド
[没]1729. ロンドン
スコットランドの建築家。ウォンステッド・ハウス (1715~20,1822破壊) ,バーリントン・ハウスの改装 (1718~19) ,ホートン・ホール (22起工) ,ミアワース城 (23) などの邸館建築でパラディオ様式を受継ぎ,また自作を含めたイギリス建築図集"Vitruvius Britannicus" (15~25) を出版して,貴重な貢献をなした。 (→パラディアニズム )  

キャンベル
Campbell, John Archibald

[生]1811.6.24.
[没]1889.3.12.
アメリカの司法官。連邦最高裁判所判事 (1853~61) 。南北戦争において南部連合政府の国務次官となる (62~65) 。

キャンベル
Campbell, John McLeod

[生]1800
[没]1872
スコットランドの神学者。 1825年牧師となるが,当時の客観主義の優勢な教会の風潮に反対して,信仰主義の立場から贖罪の普遍性を強調したため,異端とされ,職を追われた。そこでグラスゴーで独立教会を設立し,その牧師となる (1833~59) 。主著『贖罪の本質』 The Nature of the Atonement (56) は,イエスの死を倫理的に解釈したもので今日まで影響を与えている。

キャンベル
Campbell, Mrs. Patrick

[生]1865.2.9. ロンドン
[没]1940.4.9. フランス,ポー
イギリスの女優。本名 (旧姓) Beatrice Stella Tanner。 A.W.ピネロ作『第二のタンカレー夫人』のポーラ役 (1893) で認められ,主として G.B.ショーや,のちにはシェークスピアの作品に主演。 J.フォーブズ=ロバートソンの相手役としてのオフィーリアやジュリエットは有名。『ピグマリオン』 (1914) では,ショーが彼女のために書いたといわれるイライザ役を演じた。死後出版されたショーとの文通は,のちに J.キルティによって脚色され,『かわいい嘘つき』 Dear Liarという題で上演 (59~60) された。

キャンベル
Campbell, Norman Robert

[生]1880. ダンバートン
[没]1949.5.18. ノッティンガム
イギリスの物理学者,科学哲学者。イートン校からケンブリッジ大学のトリニティ・カレッジに進み,J.J.トムソンのもとで気体のイオン化の研究に取組んだ。 1919年よりゼネラル・エレクトリック社に勤め,多くの実験的研究にたずさわった。一方,E.マッハ,P.デュエム,H.ポアンカレなどによりながら,法則 lawと理論 theoryの区別など,科学の基礎をめぐって哲学的考察を行なった。

キャンベル
Campbell, Roy

[生]1901.10.2. 南アフリカ,ダーバン
[没]1957.4.22. ポルトガル
イギリスの詩人。オックスフォード大学中退後各地を転々とし,スペイン内乱時にはフランコ側につき,第2次世界大戦中はアフリカで軍務についた。知識人を幻滅から脱却させる本能的生命力を歌った長詩『燃える亀』 The Flaming Terrapin (1924) が出世作。2巻の『全詩集』 (49,59) のほかに自伝 (51) もある。

キャンベル
Campbell, Thomas

[生]1777.7.27. グラスゴー
[没]1844.6.15. フランス,ブーローニュ
イギリスの詩人。作品『希望の喜び』 Pleasures of Hope (1799) ,『ワイオミングガートルード』 Gertrude of Wyoming (1809) など。特に戦争を主題にした『ホーヘンリンデン』 Hohenlinden,『バルト海海戦』 The Battle of the Balticなどの短詩が有名。

キャンベル
Campbell, William Wallace

[生]1862.4.11. オハイオ,ハンコックカウンティ
[没]1938.6.14. サンフランシスコ
アメリカの天文学者。 1890年にリック天文台に入り,その後台長 (1901) 。この間7度にわたる日食観測隊を指揮。ミシガン大学講師 (1892) 。カリフォルニア大学学長 (1923~30) 。アメリカ科学アカデミー会長 (31~35) 。分光写真を用いて恒星の視線速度の決定にあたるとともに,1000に及ぶ分光連星を発見。またチリのサンチアゴに天文台を建て,リック天文台における観測値との比較から,銀河系内における太陽の相対運動の速度と方向を決定するとともに,種々のスペクトルタイプの恒星の運動速度の決定を行なった。

キャンベル
Campbell, William Wilfred

[生]1861.6.1. オンタリオ州ベルリン
[没]1918.1.1. オタワ近郊
イギリス系カナダの抒情詩人。代表作『恐ろしい旅』 The Dread Voyage (1893) ,『夢の丘を越えて』 Beyond the Hills of Dream (99) 。

キャンベル
Campbell, William

[生]1930.6.28. ラメルトン
アイルランド生まれのアメリカ合衆国寄生虫学者。ダブリン大学トリニティ・カレッジで動物学を専攻し,1952年に卒業,その後アメリカのウィスコンシン大学マジソン校で獣医学,動物学,病理学の博士号を取得した。1957年から 1990年までアメリカの製薬会社メルクの研究所に勤め,1984年から 1990年はバイオアッセイ(生物検定)研究と開発の上級科学者・ディレクター。退職後,ドルー大学名誉研究員となる。1974年に北里研究所の化学者大村智が,静岡県伊東市のゴルフ場近くの土から見つけた放線菌(→放線菌類)がつくる抗生物質に殺寄生虫効果を発見し,メルクに送った。メルクで寄生虫を担当していたキャンベルはその菌からエバーメクチンという抗寄生虫薬をつくり,発表。さらに大村との共同研究でその一部の構造を変えて効果を強化したイベルメクチンを開発,当初はイヌの寄生虫病であるフィラリア(→糸状虫類)の特効薬として発売した。その後,これがヒトの寄生虫病,特に熱帯に多く体内の幼虫が失明を引き起こすオンコセルカ症,寄生虫がリンパ管を詰まらせて足に浮腫を起こすリンパ系フィラリア症に効果があることがわかった。イベルメクチンは世界保健機関 WHOを通じて病気の蔓延地帯に無償で配布され,数億人をこえる人々に投与されている。2015年,キャンベルは,大村,マラリアの新治療薬を開発した中国の屠呦呦とともに,ノーベル生理学・医学賞(→ノーベル賞)を受賞した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キャンベル【Alexander Campbell】

1788‐1866
アメリカにおいて発生したプロテスタント教派の一つディサイプル派Disciples of Christの創設者。スコットランド国教会から分離した長老派の牧師であった父トマス(1763‐1854)の影響を受け,1809年父のあとからアメリカに移住した。そこでバプティストの影響を受けて,バプテスマ(洗礼)は全身を水に沈めておこなう浸礼immersionでなければならないと信じ,のちに意見が合わないためバプティストから離れ,27年ディサイプル教会を設立した。

キャンベル【Thomas Campbell】

1777‐1844
イギリス,スコットランド出身の詩人。2行連句の教訓詩《希望の歓び》(1799)は,フランス革命,ポーランド分割,奴隷売買など,時の話題を自由主義・人道主義的観点から論じて俗受けした。1800年の大陸旅行は彼の愛国主義を喚起し,《汝らイングランドの水夫》《ホーヘンリンデン》《バルト海海戦》を執筆。ほかにアメリカを舞台にしたロマンス《ワイオミングのガートルード》(1809),《シオドリックその他の詩》(1824)などがある。

キャンベル【William Wallace Campbell】

1862‐1938
アメリカの天文学者。オハイオ州生れ。1886年ミシガン大学卒業。コロラド大学,ミシガン大学,カリフォルニア大学リック天文台のスタッフを経て,1901年同天文台台長となる。23‐30年カリフォルニア大学学長,31‐35年全米科学アカデミー会長を務める。1898‐1922年の間7回の日食観測の遠征に参加し,乾板移動法を考案して日食時に吸収線スペクトルから輝線への連続的な移行を示す写真撮影に成功した。また,多くの恒星の分光観測からそれらの視線方向の速度を求め,これにもとづいて分光連星,恒星の固有運動,太陽の空間運動を調べた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

キャンベル【Campbell】

ブドウの一品種。粒は紫黒色で、大きさは中ぐらい。甘みはやや少ない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キャンベルの関連情報