クーパー(読み)くーぱー(英語表記)Leon Neil Cooper

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クーパー(Leon Neil Cooper)
くーぱー
Leon Neil Cooper
(1930― )

アメリカの物理学者。バーディーンシュリーファーとともに超伝導現象を解明する理論(BCS理論)を提唱、1972年三人でノーベル物理学賞を受賞した。1954年コロンビア大学で学位取得、専攻は場の理論、核物理学。1955年超伝導を研究中のバーディーンに招かれイリノイ大学で共同研究を開始。1957年フェルミ粒子液体が超伝導、超流動状態となる機構としてのクーパー対(つい)(電子対)の考えを含むBCS理論をまとめた。1966年ブラウン大学教授、1973年同大学に設立された神経科学センターの所長となり、数学、物理学、生物学、言語学といった学際的な認知研究、脳研究のとりまとめ役を務めた。山 進]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クーパーの関連情報