コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケレス ケレス Ceres

翻訳|Ceres

8件 の用語解説(ケレスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケレス
ケレス
Ceres

ローマ神話の女神で,ギリシア神話デメーテルと同一視された。作物の生育と成熟を司る母神として,地母神テルスと密接に結びつけられていたが,デメーテルの影響で,ディオニュソスと同一視されたリベルペルセフォネと同一視されたリベラの両神とともにギリシア的な祭祀を受けるようになり,デメーテルとまったく同化した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ケレス
ケレス
Ceres

準惑星の一つ。かつて小惑星に分類され,そのなかで最大とされたが,2006年以降準惑星に分類されることになった。直径 910km,公転周期 4.6年。 1801年1月1日ジュゼッペ・ピアッツィが発見。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ケレス(〈ラテン〉Ceres)

ローマ神話の豊穣(ほうじょう)の女神。ギリシャ神話デメテルと同一視された。セレス
準惑星の一。1801年、イタリアのピアッチが火星木星の公転軌道の間で発見。当初は惑星と思われたが、近くで同様に小さな天体が次々と発見されたため、それらとともに小惑星に分類され、その第1号とされた。2006年、国際天文学連合が設けた新区分の「準惑星」に分類し直された。直径は約1000キロで、周囲の小惑星より格段に大きい。セレス。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ケレス

古代ローマの豊穣の女神。ギリシア神話のデメテルと同一視される。
→関連項目穀霊

ケレス

セレスとも。1801年イタリアのG.ピアッツィが発見した第1号の小惑星(ケレスは現在では準惑星に分類される)。火星と木星にはさまれた小惑星帯にある。軌道長半径2.77天文単位
→関連項目小惑星特異小惑星ボーデの法則

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ケレス【Ceres】

セレスともいう。1801年イタリアのパレルモ天文台で,G.ピアッチによって発見された第1号の小惑星。彼の6週間にわたる観測結果からC.F.ガウスが軌道決定を行い,この天体がボーデの法則から予測されていた火星と木星の軌道の間を公転する小天体であることを確かめた。ケレスの直径は約1000kmで小惑星中最大であるが,衝のときの平均光度は7.6等で肉眼で観測するのは困難である。【竹内 端夫】

ケレス【Ceres】

古代イタリアの穀物の女神。古くからギリシアのデメテルと同一視されたため,ケレス本来の職能等は不明の部分が多く,ローマ固有の神話も伝わらない。古代の史家によれば,ローマの町が大飢饉に襲われた前496年,シビュラ予言書の啓示をうけて,ケレスほか2神に神殿造営が誓約され,その3年後,アウェンティヌス丘の麓にできあがった神殿がケレスに奉献されたという。この神殿は,ローマでは穀物の取引がおもに平民の手で行われていたところから,のちに平民の活動拠点となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ケレス【Ceres】

ローマ神話の穀物の女神。地下神の性格を持つ。ギリシャ神話の大地の女神デメテルと同一視された。セレス。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のケレスの言及

【オルバース】より

…これはオルバースのパラドックスと呼ばれ,近代の宇宙論的思考の発端となった。 オルバースは小惑星の発見にも意欲的で,1802年1月2日に第1号ケレスを再発見し,同年3月28日に第2号パラスを,07年3月29日には第4号ベスタを発見した。これらの小惑星が類似の軌道をもつことから,一つの惑星の爆発による小惑星起源説を提唱した。…

【ガウス】より

…96年正十七角形の作図法を発見,98年にはゲッティンゲンを去り,翌年ヘルムシュテット大学から〈代数学の基本定理〉の証明などによって学位を得た。1801年,それまでの整数論研究を集成した画期的著作《数論研究》を刊行,新しく発見された小惑星ケレスの軌道計算の成功と相まって,数学上の名声を不動のものにした。07年,ゲッティンゲン大学天文台長のポストを供与され,これを受諾した。…

【天文学】より

…《天体力学》は主として太陽系の力学的諸問題を取り扱った。太陽系の惑星については1801年に小惑星の第1号ケレスがイタリアのG.ピアッツィによって発見され,以後その数は急速に増した。この小惑星の発見に伴って,C.F.ガウスによって〈軌道論〉が開拓された。…

【ケシ(芥子)】より

…【森田 竜義】
[シンボリズム]
 ケシはまず安眠の象徴である。ローマ神話の眠りの神であるソムヌスSomnusは女神ケレス(ギリシア神話のデメテル)に,彼女をよく眠らせるためにケシを与えたといわれる。これはケシの実から精製したアヘンが催眠性,麻酔性をもつことによる。…

※「ケレス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ケレスの関連キーワードイタリア文学オリンピアードフォルトゥナヘラベリアイタリアン穀物法カスタリアの泉カソス島穀物自給率

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケレスの関連情報