コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シノリガモ シノリガモ Histrionicus histrionicus; harlequin duck

2件 の用語解説(シノリガモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シノリガモ
シノリガモ
Histrionicus histrionicus; harlequin duck

カモ目カモ科。全長 43cm。雌雄異色。雄は頭胸部,背面は黒色みを帯びた藍色で,頭,胸,翼に白色帯や斑がある。腹部は栗色。雌は全体に地味な暗褐色。荒海で生活し,岩礁地帯を巧みに潜水して貝類をとる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シノリガモ
しのりがも / 晨鳧
harlequin duck
[学]Histrionicus histrionicus

鳥綱カモ目カモ科の鳥。シベリア東部からカムチャツカ半島アラスカからカナダ沿岸、西大西洋アイスランドグリーンランド北アメリカ北東部に繁殖し、冬季は温帯北部沿岸に越冬する。繁殖地では川をさかのぼった急流を好み、草陰、ときには樹洞に営巣し、昆虫類の幼虫を好んで食べる。冬は岩の波間を小群で漂い、甲殻類、貝類、棘皮(きょくひ)動物などを食べる。水面に低く浮き、潜水は巧みであるが深くは潜らない。全長約43センチメートル。雄は紫青色にいくつかの黒縁の白点、帯斑(はん)が混ざって美しく、わきは赤褐色。雌は全体に褐色である。日本の東北地方ではときに夏季も残留し、川をさかのぼるものがある。宮城県栗駒山(くりこまやま)山中では繁殖が確認され、青森県赤石川や岩手県大槌川(おおつちがわ)の上流でも繁殖の可能性がある。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シノリガモの関連キーワードカモかもかも黒鳥瘤白鳥縞味晨鳧カモ(鴨)ガン(雁)シノリガモ(晨鳧)ホオジロガモ(頰白鴨)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シノリガモの関連情報