シャン(読み)しゃん(英語表記)Shan

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャン(民族)
しゃん
Shan

ミャンマー(ビルマ)のシャン州を中心に居住する民族。タイ諸族の一部。その言語シャン語はタイ語と密接な関係にある。ビルマの歴史を語るときには、ビルマ人だけでなく、シャン人の動向にも注目する必要がある。この民族の古代の歴史や、民族名の起源などについてははっきりわからないことが多いが、8世紀以前からすでに、東南アジアの河谷沿いに居住地をつくって住み着いていた。やがて13世紀になって、元(げん)の侵攻を受けたビルマ人のパガン朝が衰えると、シャンは北部地方において勢力を伸ばし、16世紀までの間、この地方を支配した。シャンは小土侯国に分かれ、サオパーとよばれる首長のもと、絶えず戦闘を行っており、統一国家としてのまとまりはなかった。16世紀なかばになるとシャン諸国はビルマ人のタウングー(トゥングー)朝の支配に服し、以後は政治的にも文化的にもビルマ化されるようになった。その後、19世紀のイギリスによるビルマ併合、20世紀に入ってからのビルマ独立と社会主義政府の樹立を経て、シャンはビルマ連邦に参加することになり、サオパーも代々継承してきた権力を放棄するようになった。シャンのおもな居住地は、東部高原のシャン州であるが、ほかの地域や、かつての首都ヤンゴン(ラングーン)などの大都市にもシャンの共同体がある。シャンは農耕民で、水稲、陸稲をはじめ、ジャガイモ、茶、コーヒー、藍(あい)、小麦、綿花、タバコ、オレンジ、モモ、アンズ、ナシなどを栽培する。また、山の斜面でケシを栽培し、生産されたアヘンの多くはタイへ密輸されている。シャンの人々は銀細工や絹織物に優れているほか、ターバンの上にかぶる竹の葉鞘(はざや)で編んだ帽子やシャン紙などでも有名である。彼らの大多数は上座部(小乗)仏教徒であるが、ビルマ仏教の影響を強く受けている地域では、僧侶(そうりょ)たちの戒律はより厳しく守られ、パゴダ(仏塔)もビルマ人のものと類似している。[清水 純]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シャンの関連情報