ジュール(仕事および熱量の単位)(読み)じゅーる(英語表記)joule

  • 仕事および熱量の単位

翻訳|joule

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

MKS単位系および国際単位系(SI)の、仕事および熱量の単位。記号はJ。1ニュートンの大きさの力がその方向に物体を1メートル動かすときの仕事量を1ジュールとする。また熱量の計量単位として、1ジュールの仕事量に相当する熱量を表すのに用いられる。名称はイギリスの物理学者ジュールにちなむ。

[小泉袈裟勝・今井秀孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android