コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チドリ(千鳥) チドリ

百科事典マイペディアの解説

チドリ(千鳥)【チドリ】

チドリ科の鳥の総称。翼長は普通10〜25cm。体色は腹面が白く,背面は褐色,頭部と胸に黒帯をもつものが多い。世界の温・熱帯部に広く分布し,日本には12種。海浜に多いシロチドリ,海浜や川原にすむコチドリ,前種よりさらに川の上流にすむイカルチドリ,ほかにケリタゲリの5種が繁殖し,他は冬鳥または旅鳥。
→関連項目荒尾干潟東よか干潟谷津干潟

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チドリ【チドリ(千鳥)】

チドリ目チドリ科Charadriidaeの鳥の総称。またチドリ科を小型種の多い狭義のチドリ類と大型のケリ類に分けることもある。この科の鳥は全長16~40cm。小型~中型の水辺の鳥で,頭は丸くて大きく,眼も大きい。くちばしは短くて先のほうが少し膨らんでいる。脚は相当長い種もあり,あしゆびは前指3本の種が多い。雌雄同色で小型の種では上面灰褐色で下面は白く,顔や胸に黒い線模様がある。夏羽冬羽で色彩の違う種では,夏羽では胸が橙色や黒色になる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のチドリ(千鳥)の言及

【擬傷】より

…卵や雛をもつ親鳥が,近づいた外敵に対してけがをしているかのような動作をとり,注意を自分の方に向けつつ移動して,外敵を卵や雛から遠ざけてしまう行動で,一種の利他的行動といえる。シギ・チドリ類,カモ類,キジ類など,地上に巣をつくる鳥でよく見られる。チドリ類では,親鳥は外敵が近づくと,そのすぐ近くまで飛んでいき,背を向けると同時に翼を広げて地面をたたくような動作をする。…

※「チドリ(千鳥)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チドリ(千鳥)の関連キーワードツバメチドリ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android