コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティグレ Tigre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティグレ
Tigre

アルゼンチン中部,ブエノスアイレス州北東部の都市。首都ブエノスアイレスの北西郊にあり,ブエノスアイレス大都市圏の一部をなす。周辺一帯はパラナ川三角州の南東端にあたり,多数の小河川や運河が網の目状に走り,ラプラタ川と呼ばれる大三角江に注ぐ。 1678年に建てられた聖堂を中心に発展した町で,現在は商業中心地として繁栄,特に果実市場で知られる。また周辺の川では水上スポーツが盛んで,市内には海軍博物館,レコンキスタ博物館などがあり,観光客も多い。周辺一帯を含めたティグレ地区の人口 25万 6005 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ティグレ(Tigre)

アルゼンチン、ブエノスアイレスの北へ約30キロメートル、パラナ川のデルタ地帯にある町。水路縦横にめぐらされ、別荘も多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ティグレ

エチオピア北部高原およびエリトリアを中心に居住する民族集団。推定人口400万人。コプト派キリスト教を信奉し,同じセム系のティグリニヤ語を話すなど,アムハラとは近縁の関係にある。
→関連項目アスマラアフリカの角

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ティグレの関連キーワードエチオピア人民革命民主戦線クラウディオ スアレスエリトリア人民解放戦線セイヨム・メスフィンアフロ・アジア語族シウダードグスマンメレス・ゼナウィルロワ・グーランエチオピア諸語ハム・セム語族エチオピア革命ティグリニャ語アルゼンチンメネリク2世エチオピア人フォンセカ湾シモンドンアムハラ族アムハラ語ティグレ族

ティグレの関連情報