トレース(読み)とれーす

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

トレース

プログラムの順番の追跡プログラムが処理された順に、その実行状況を追跡・検査すること。ソフトウェアデバッグなどの際に行う。デバッグ画像データの作成グラフィックスソフトで、スキャニングした画像などを下絵にしてなぞり、パス(線)のデータを作成すること。設計図などの作成に用いる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

トレース(trace)

[名](スル)《足跡・痕跡の意》
原図を薄紙などに透かして、敷き写すこと。「設計図をトレースする」
登山で、踏み跡。また、その踏み跡をたどること。
コンピューターのプログラムが実行されていく過程を追跡し、誤りのある箇所を突き止めること。
農作物や製品の検査のため、生産・加工・流通などの工程を追跡すること。→トレーサビリティー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

トレース【trace】

( 名 ) スル
人や動物の跡をたどること。追跡。
設計図や原図などの上に半透明の紙をのせて、敷き写しをすること。 「図面を薄紙に-する」
登山で、踏み跡。また、それをたどること。
フィギュア-スケートで、図形の滑り跡。
食品の生産履歴などの情報を調べること。
コンピューターで、プログラムの誤りを見つけ出すために、各段階の動きをたどること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

トレース

〘名〙 (trace 跡をたどるの意)
① 設計図面、絵などの上に半透明の紙をのせて、鉛筆、インク、墨などでなぞり、原画と同じ図面を作ること。〔モダン辞典(1930)〕
② 工程などの検査のため再度、前回と同じようにたどること。
③ 物の軌跡をたどること。また、その軌跡。特に、登山で踏み跡。また、その踏み跡をたどること。スケートですべった跡にもいう。
※美学入門(1951)〈中井正一〉二「また弾丸と一緒に飛ぶことも、宇宙線のあとをトレースすることもできるのである」
④ レコードの溝を正確にたどること。
コンピュータで、プログラムに誤りが存在するが、その場所がどこにあるかが発見できないような場合に、プログラムを実行しながら変数の値の変化を次々に表示すること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のトレースの言及

【行列】より

cn=(-1)n×(Aの行列式)であり,Aの(i,j)成分をaijとすると,である。Aのトレースtraceという。 Aが正則なのは,cn≠0のときで,このとき, A-1=-cn-1(An-1c1An-2+……+cn-2A  +cn-1I)であるから,上の結果は逆行列の計算にも利用できる。…

【代数体の整数論】より

…またKに共役な体という。αに対して,をそれぞれ,αのトレースtrace,ノルムnormという。 代数体の重要な例として,二次体,円分体がある。…

※「トレース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トレースの関連情報