ドーピング(読み)どーぴんぐ(英語表記)doping

翻訳|doping

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドーピング(元素)
どーぴんぐ
doping

金属材料学的には他元素を意識的に微量加え、母材の性質を制御すること。たとえば、半導体の電気的性質(n型、p型)は含有する不純物の種類とその量により決定されるので、高純度シリコンやゲルマニウムにドナー(電子供与体)あるいはアクセプター(電子受容体)となる不純物(ドーパントdopant)を制御して少量加え、希望の半導体特性を保たせる。そのほか白熱灯用タングステンフィラメントの組織安定化のためにアルカリ金属を微量加えることもドーピングの一種である。[及川 洪]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドーピングの関連情報