ドーム(読み)どーむ(英語表記)dome

翻訳|dome

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドーム(屋根)
どーむ
dome

円蓋(えんがい)。クーポラcupolaともいい、椀(わん)を伏せた形の屋根(天井)一般をさす。もっとも原始的かつ単純なシェルター(小屋)が円形平面でドーム状屋根をもつことはよく知られている。墓も同様である。したがってドーム構造が、いついかにして誕生したか明確ではなく、いろいろな場所で独立におこったと考えられる。上にいくにしたがい半径を小さく中にせり出して積まれる擬似ドーム(ミケーネのアトレウスの宝庫)や、岩をくりぬいたドーム(エトルリアやローマのカタコンベ)、遺例はないが木造のドームなどが初期的段階を示すものである。
 ローマ時代はアーチ、ボールトとともに、れんが造、石造の本格的なドームを発展させた。それらは永続性や力の象徴となった。ローマの古文書館タブラリウム(前78)は方形ドームの例として重要であり、パンテオン(2世紀初期)の直径43メートルに及ぶ重厚で巨大なドームは、明快な内部空間をつくりあげ、唯一の開口部が頂点にあけられた。ミネルバ・メディカ(250)はリブ(肋骨(ろっこつ))を使用することによってドームの重量を減じることができた。ネロ帝の黄金宮やカラカラ浴場では八角形平面の上にドームをのせている。
 ドーム構造の次の段階は、ビザンティンの建築家たちがペンデンティブ(逆三角形の球面によるドーム支持部分)を導入したことによってもたらされた。これによって正方形平面の上にドームを頂くことが可能になった。もっとも大きなビザンティンのドームはコンスタンティノープルのハギア・ソフィアのものである。バシリカ平面の上に、ペンデンティブの巧みな使用によって直径約33メートルのドームをのせたものであるが、ドーム下部の窓列などによって軽やかにみえる。それは天球や宇宙の象徴というにふさわしい。実際、ビザンティンの建築家はドームを好んで使用した。円筒形をしたドラムの上にドームを構築する手法を開発したのも彼らである。ベネチアのサン・マルコ大聖堂、パドバの聖アントニオの聖堂などもそうした例であり、アルメニア、バルカン半島、ロシアなどにその伝統が認められる。
 イスラム建築もドームを多用した。そこにはビザンティン建築の濃厚な影が認められ、小規模なものが多いとはいえ、横断アーチやスタラクタイト(天井装飾手法)などによって装飾性豊かなドームや半ドームを好んで築いた。インドのイスラム建築タージ・マハル(17世紀前半)はその好例である。さらにルネサンス以後の建築家たちは、新たな彫刻的形態で象徴的な意味を込めてドームを築いた。バチカンのサン・ピエトロ大聖堂のドームはその代表である。[長尾重武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドームの関連情報