コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニジニーノブゴロド Nizhniy Novgorod/Нижний Новгород

デジタル大辞泉の解説

ニジニー‐ノブゴロド(Nizhniy Novgorod/Нижний Новгород)

ロシア連邦西部、ニジニーノブゴロド州の都市。同州の州都。ボルガ川に臨む河港都市であり、シベリア鉄道が通る。大発電所があり、各種の工業が盛ん。13世紀に築かれた要塞に起源し、14世紀半ば、スーズダリニジェゴロド公国の首都が置かれた。作家ゴーリキーの生地で、1932年から1991年までゴーリキー市とよばれた。市街中心部には15世紀から18世紀に建てられたクレムリンやウスペンスキー教会などの歴史的建造物が残る。人口、行政区127万、都市圏128万(2008)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ニジニーノブゴロドの関連キーワードジェレズノドロジヌイミーニン=スホルークボルガ川沿岸丘陵モルドビア共和国ロバチェフスキーゴーリキー人造湖アリメチエフスクマリエル共和国チェボクサルイウラジーミル州ニジェゴロド州ヨシカルオラブルガーニンウラジーミルゼルジンスクウリヤーノフバラキレフサランスクルザエフカアルザマス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android