ノッティンガム(英語表記)Nottingham

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノッティンガム
Nottingham

イギリスイングランド中部の都市。単一自治体(ユニタリー unitary authority)。1998年にノッティンガムシャー県から分離して単一自治体となった。ロンドンの北北西約 180kmにあり,トレント川に臨む。6世紀にアングロ・サクソン人が居住したのに始まる町で,9世紀にはデーン人に占領され,デーン人の法律が支配するデーンロー地域における主要な町の一つとなった。1066年のノルマン・コンクェスト後,新しい集落が建設され,1300年頃それら二つの集落が合併して一つの町となった。最初の勅許状は 1155年ヘンリー2世によって与えられ,周辺地域での染色業の独占が認められた。ミッドランド地方東部の炭田地帯の中心都市で,交通の要地となっているほか,工業都市としても重要。中世以来のメリヤス工業,レース工業の中心地で,これらに関連して染色,漂白,衣料などの工業が立地するほか,鉄鋼,皮革,たばこ,医薬品,醸造,自転車,印刷,自動車部品,電機などの工業がある。古い建物が多く,ノルマン朝期に創建されたノッティンガム城はその後数回にわたり破壊,再建され,博物館として利用されている。ノッティンガム大学(1948),劇場など学術・文化施設も多い。ロビン・フッドの伝説の地。面積 75km2。人口 27万8700(2005推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ノッティンガム

英国,イングランド中央部,ノッティンガムシャー州の州都。トレント川に沿い,この地方の炭田の中心。紡績工業,レースの生産で知られ,近年は機械,タバコなどの工業も発達。交通の要地で鉄道,運河が集中。ロビン・フッドの伝説で知られ,また1642年チャールズ1世がクロムウェルに抗して軍を起こしたゆかりの地。大学(1948年創立)がある。30万5680人(2011)。
→関連項目トレント[川]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノッティンガム【Nottingham】

イギリス,イングランド中部,ノッティンガムシャー南部にある交通・工業都市で州都。人口28万4000(1995)。アングロ・サクソン時代は〈スノーテンガムSnotengaham〉(〈スノット族の村〉の意)と呼ばれたが,ノルマン人の影響で語頭のSが脱落して現地名になった。ペナイン山脈の南東麓,トレント川中流北岸に位置して水上および鉄道・道路交通の要衝を占め,伝統的なメリヤス,レース,皮革工業が発達する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノッティンガム
のってぃんがむ
Nottingham

イギリス、イングランド中部にあるユニタリー・オーソリティーUnitary Authority(一層制地方自治体)の都市。人口26万6995(2001)。トレント川左岸に位置し、古来、渡河地点として発達した。現在も運河、鉄道、道路が集中する交通の要地。織物業が盛んで、レース製造で世界的に知られるほか、メリヤス、皮革、自転車、家具、たばこ、医薬品などの工業が発達する。6世紀にサクソン人、9世紀にデーン人、11世紀にノルマン人が集落をつくり、城塞(じょうさい)が築かれた。1155年に都市の勅許を得る。1642年チャールズ1世が議会派に対してこの地に挙兵し、ピューリタン革命(イギリス革命)の端緒となった。1679年、水力紡績機の発明者アークライトが動力式の紡績機を初めて当地の工場に設置し、産業革命の発端となったことでも知られる。市の北方に残るシャーウッドの森Sherwood Forestは伝説的英雄ロビン・フッドの活躍舞台。ノッティンガム城は現在博物館・美術館となっている。ノッティンガム大学は1881年の創立。[久保田武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ノッティンガム

(Nottingham) イギリス、イングランド中央部の都市。イングランドの重要な水上交通路、トレント川中流の左岸にある。古代から商業都市として発達。織物業が特に盛んで、東ペニン工業地帯の一部を形成する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノッティンガムの関連情報