コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バスク バスクBasque

翻訳|Basque

5件 の用語解説(バスクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バスク
バスク
Basque

スペイン語ではバスコ Vasco。ヨーロッパ南西部,ピレネー山脈西部山麓からカンタブリカ山脈東部山麓に及ぶ地方。スペインバスク州,ナバラ州と,フランスピレネーザトランティク県のアニ峰 (2504m) 山麓以西とから成る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

バスク(〈フランス〉Basque/〈スペイン〉Vasco)

ピレネー山脈西半、ビスケー湾奥のフランス南西部からスペイン北部にまたがる地域。両国とは言語・文化などが異なり、中世にはガスコーニュ公国・ナバラ王国などの統一的な国が栄えたが、16世紀ごろにはフランスとスペインに分割・編入された。その後も特にスペイン側で独立志向が強い。
スペイン北部、ピレネー山脈西端南麓にある自治州。州都はビトリア。住民の多くはバスク人で、人類学・言語学上独自な固有の文化をもつ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

バスク

イベリア半島北部,ピレネー山脈の西端からカンタブリア山脈東部に及ぶ地域。ビスケー湾に面するスペイン側3県(アラバ,ギプスコア,ビスカヤ)とナバラ地方,フランスのバス・ピレネー県の一部を含む。
→関連項目スペインバスク[人]ビルバオ民族スポーツリージョナリズム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バスク【Pays Basque[フランス]】

イベリア半島北部,ピレネー山脈西端に位置し,ビスケー湾岸からカンタブリア山脈までフランスとスペイン両国にまたがる7地方からなる地域。スペイン語ではバスコンガダスVascongadasともいう。
[住民]
 バスク地方には,スペイン側に約265万人,フランス側に約35万人が住んでいるが,今日では,このうちスペイン側の約60万人,フランス側の約4万人がバスク語を話せるにすぎない。このほか,南北のアメリカ大陸(アルゼンチンウルグアイ,チリ,ベネズエラメキシコカリフォルニア州カナダ)には,移住したバスク人の子孫約10万人が暮らしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

バスク【Basque】

ピレネー山脈西部、フランスとスペインにまたがる地域。中心都市ビルバオ。独自の言語・風習をもつバスク人が居住し、分離独立運動が根強い。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のバスクの言及

【ガスコーニュ】より

…たとえば,ガスコン方言は,南仏オック語の中でも,きわめて特異で,スペイン北部の方言との類似を指摘されるが,その用いられる範囲は,ギュイエンヌ南部にも及んでいる。ガスコーニュの名称は,580年ころ,フランク王国の領域であったこの地域に,西ゴート王に追われピレネーを越えて移住してきたバスコン人Vascons(バスク人Basques)に由来する。この移住民が,その呼称にもかかわらず,実際にバスク人であったかについては異論もあるが,いずれにせよ,彼らはガロンヌ以南の地域に広く定住し,フランク王国の権威に抵抗し,その実質的な支配を許さなかった。…

【スペイン内乱】より

…まず世界観については,キリスト教ヒューマニズムとソ連の影響下に浸透した共産主義との対立である。スペインの統一に関しては,画一的かつ中央集権的な統一か,それともカタルニャ地方やバスク地方などの各地方の多様性を生かした統一を達成するかの対立である。そして,これらの思潮が複雑にからみ合い,過度に高揚した結果,右派は宗教的・愛国的祈りに宿るべき,敵を許す戒めを忘れ去り,左派は精神的・国民的なるものへの道を閉ざしてしまった。…

※「バスク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

バスクの関連キーワードハビエル・アギーレバスク国民党発見記念碑ベレンの塔

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バスクの関連情報