バルジ(英語表記)bulge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「バルジ」の解説

バルジ
bulge

銀河系内の恒星分布測定やアンドロメダ銀河などの観測から,銀河の中心部は主として第II種族の恒星(→恒星の種族)からなる,直径約 3000光年の大恒星集団からなるものと推定される。これをバルジ(銀河バルジ)と呼んでいる。銀河系のバルジは銀河面にある星間物質のため,直接観測することは不可能である。星間物質がなければ,銀河系中心部にあるいて座の方向では,天の川が幅 50°以上に広がって,いまの数十倍以上の光輝を放つものと考えられる。

バルジ
bulge

低気圧発達するときに,低気圧のが北側(極側)に大きくふくらみをもつこと。雲は上層雲だけでなく中層下層雲を含むが,雲域の北縁ではほとんどが上層雲となっている。下層から暖湿気流が流入し低気圧の発達に応じて形成されるため重要な雲域として注目される。赤外画像可視画像ともに白く見える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「バルジ」の解説

バルジ(bulge)

舷側の喫水線付近に設けられたふくらみ。商船では復原力の向上に、軍艦では魚雷防御に効果がある。
渦巻き銀河の中央部にあるふくらみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のバルジの言及

【銀河】より

…渦巻銀河は,若い青い星々の集積や星間塵による暗条によって形どられる渦巻状の腕(渦状腕)の存在によって特徴づけられる。一般に,中央にある楕円体状のバルジbulgeと呼ばれる部分と,それに重なる円盤状の部分からなり,渦巻構造はこの円盤内の副構造である。棒渦巻銀河では,中央の楕円体部分が細長く棒状に近い構造を示し,その両端から渦巻状の腕が伸びている。…

【銀河系】より

… 凸レンズの形に分布する星の種類を調べた結果,次のようなことがわかった。すなわち,中央の膨らんだ部分(これをバルジbulgeという)には,K型,M型の赤色低温度星が多く,ほかに,球状星団,こと座RR星型変光星,惑星状星雲といった天体が混在している。これらはいずれも老齢の星で,種族IIと呼ばれているものである。…

※「バルジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android