コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルナ Varna/Варна

デジタル大辞泉の解説

バルナ(Varna/Варна)

ブルガリア北東部、黒海に面する港湾都市。首都ソフィアブロブディフに次ぐ同国第3の都市。紀元前6世紀に古代ギリシャが植民都市オデッソスを建設。古代ローマ時代にユークセイソスと改称され、浴場や要塞が造られた。7世紀頃からスラブ語名でバルナと呼ばれ、8世紀末に第一次ブルガリア帝国領となった。オスマン帝国支配下において、黒海貿易の拠点として栄えた。1949年から1956年まで旧ソ連の最高指導者スターリンの名を冠した。同国有数の観光保養地として知られ、「夏の首都」や「海の首都」という通称をもつ。ワインの生産が盛ん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

バルナの関連キーワードスベティコンスタンティンイエレナグローバルナビゲーションバーグローバルナビゲーションバルナ(ブルガリア)フーイヤン・クラブフィアナランツォアプリモルスキ公園セレウキアペリアゴールデンサンズムラト[2世]ルブツォフスクバルナバの手紙アーミーナイフシュトライヒクシャトリヤムレッチャシュードラバルナーヴアレイスクアルベーナ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バルナの関連情報