コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルナ Varna/Варна

デジタル大辞泉の解説

バルナ(Varna/Варна)

ブルガリア北東部、黒海に面する港湾都市。首都ソフィアブロブディフに次ぐ同国第3の都市。紀元前6世紀に古代ギリシャが植民都市オデッソスを建設。古代ローマ時代にユークセイソスと改称され、浴場や要塞が造られた。7世紀頃からスラブ語名でバルナと呼ばれ、8世紀末に第一次ブルガリア帝国領となった。オスマン帝国支配下において、黒海貿易の拠点として栄えた。1949年から1956年まで旧ソ連の最高指導者スターリンの名を冠した。同国有数の観光保養地として知られ、「夏の首都」や「海の首都」という通称をもつ。ワインの生産が盛ん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

バルナの関連キーワードスベティコンスタンティンイエレナグローバルナビゲーションバーグローバルナビゲーションバルナ(ブルガリア)ハットゥシリシュ1世フィアナランツォアフーイヤン・クラブセレウキアペリアゴールデンサンズプリモルスキ公園アーミーナイフバルナバの手紙ルブツォフスクムラト[2世]クシャトリヤシュトライヒアルベーナバルナーヴムレッチャアレイスク

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バルナの関連情報