コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パガン(蒲甘)朝 パガンちょうPagan; Pugan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パガン(蒲甘)朝
パガンちょう
Pagan; Pugan

ビルマ人によるミャンマー最初の統一王朝(1044~1299)。アノーラターが,クメール族アンコール朝の西方進出とモン族の西方移動に対処してペグー(バゴー)と結び,タトンを征服,1044年パガン(バガン)を都として建国した。シバ信仰勢力に対抗する仏教勢力を保持した。アノーラターは密教系の大乗仏教を信仰したが,第2代王の治世以後,モン族の上座部仏教やパーリ語仏典が伝わり,モン文字を改良したビルマ文字がつくられた。12世紀前半に建立された寺院の建築様式には,大乗仏教,上座部仏教,バラモン教,ナート精霊信仰の遺風が並存する。12世紀初頭には北宋(→)や雲南の大理国(→南詔)と修好したが,13世紀後半軍の侵入を受け,1287年第12代王が元に服属を誓ったのち暗殺され,王朝は名目的な存在となった。1299年最後の王が死に滅亡した。(→ビルマ史

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

パガン(蒲甘)朝の関連キーワードイェーナンジャウン東南アジア史

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android