コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パナマ帽 パナマボウ

5件 の用語解説(パナマ帽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

パナマ‐ぼう【パナマ帽】

中南米に産するパナマソウの若葉を細く裂いて白くさらし、それを編んだ夏の日よけ帽。 夏》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

パナマ帽【パナマぼう】

つばの小さな夏の日よけ帽。panama hat中南米原産のパナマソウの若葉を裂いて乾燥させたものを編んで作る。300年ほど前からエクアドルコロンビアで作られており,イギリス人がかぶっていた。
→関連項目エクアドル帽子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パナマぼう【パナマ帽 Panama hat】

ブリムの小さい日よけ帽。男女ともに用いられる。もとはイギリス人が熱帯地方や南アメリカでかぶっていたもので〈開拓者の帽子〉ともいう。約300年前ころからエクアドルで用いられていたが,1890年ころ他国にも広がって流行し代表的な夏の帽子となった。精選したパナマソウの若葉を刈り取り,細かくさいて乾燥したものを編んでつくる。機械と手編があり,手編は1週間から数ヵ月を要するため品質による価格差が大きい。最高品はエクアドル産で,ほかにコロンビア,ペルーパナマ産のものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パナマ帽
ぱなまぼう
Panama hat

中南米に産するパナマソウの若葉を裂き漂白したものを、細く編んだ真田紐(さなだひも)からつくった帽子。柔らかさや耐久性が優れているので、高級な夏の帽子として扱われる。色は白やクリーム色で、主産地はエクアドル、ペルーなど。名称は、取引場所がパナマであったことに由来する。熱帯に住むイギリス人がかぶっていたものが広がった。日本でも明治20年代に麦藁(わら)帽が流行し、男子の外出に帽子は必携の傾向にあったため、明治30年代から普及していった。パナマ帽は高価で量的な制限もあるので、合成繊維や他の素材の類似品が多くなっている。[浦上信子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パナマ帽の関連情報