コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マガモ(真鴨) マガモmallard

翻訳|mallard

世界大百科事典 第2版の解説

マガモ【マガモ(真鴨) mallard】

カモ目カモ科の鳥(イラスト)。北半球の中緯度地方以北で繁殖し,寒冷地のものは冬季に南へ渡る。分布が広く,個体数の多いカモの一つ。日本では冬鳥として多数渡来し,波静かな海,河口湖沼河川などに生息する。また北海道や本州で繁殖するものがある。繁殖期以外は植物食で,草の葉,根,実や穀類などを食べる。全長約59cm。雄は頭部金属光沢のある緑色で,このため俗にアオクビと呼ばれる。襟に白い首輪があり,胸は紫栗色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマガモ(真鴨)の言及

【アヒル(家鴨∥鶩)】より

…ガンカモ科のマガモを北半球の各地で飼いならした家禽で,中国が最も古く,ヨーロッパでも紀元前後に馴化(じゆんか)されている。祖先種のマガモは候鳥(渡り鳥)で夏はシベリアに渡って繁殖し,一夫一婦性で巣について卵をあたためるが,アヒルは飛翔(ひしよう)力を失い複婚性で就巣性もなくしている。…

※「マガモ(真鴨)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android