コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルタ Malta

翻訳|Malta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルタ
Malta

正式名称 マルタ共和国 Repubblika ta' Malta。
面積 316km2
人口 41万9000(2011推計)。
首都 バレッタ

地中海の東部と西部をつなぐ中央海峡にある島国。シチリア島南方約 100kmに位置し,マルタ島,ゴゾ島コミノ島などからなる。公用語はマルタ語および英語であるが,イタリア語も広く用いられる。主島のマルタ島は小島であるが,地形は変化に富み,北東部は沈降海岸で良港が多く,南西部は海に向かい急傾斜し,断崖が発達。裸岩で構成されているため恒常的な湖や川はない。冬は温暖であるが,夏は暑く乾燥する典型的な地中海式気候で,雨量は一定しない。前 4000年頃からの集落の跡があり,前8世紀頃セム系文化の影響を受けており,フェニキア人の存在が推定されるが,その後,ローマ人,ゴート人,アラブ人が占領し,1530年にヨハネ騎士修道会 (マルタ騎士修道会) の封土となった。 1798年ナポレオン1世によって騎士団はマルタを追われ,1814年正式にイギリス領となり,第1次世界大戦,第2次世界大戦で軍事基地となった。 1964年にイギリス連邦内での独立を獲得。 1974年には憲法を改正して共和国となった。経済面ではイギリス軍基地への依存度が高かったが,1979年にはイギリス軍はすべて撤退。主産業は観光で,外貨収入の大部分を観光に依存している。農業ではコムギ,オオムギ,野菜,果樹などを栽培し,伝統的手芸としてのレース,銀細工が知られている。そのほかワインなどの食品,衣料,電気器具,造船などの工業がある。 2004年ヨーロッパ連合 EUに加盟した。

マルタ
Tribolodon brandtii

コイ目コイ科の魚。ウグイによく似ているが,鰓蓋下顎管の上端が眼下管と連続している点で区別される。側線は完全。婚姻色は雌雄ともに現れるが,体側の赤色縦帯は 1本(ウグイでは 3本)で,追星もウグイほど顕著でない。ウグイに比べて大型で全長 50cm。降海性で,内湾に多い。産卵は河川の中流域の礫底で行なわれる。北海道以南相模湾まで(太平洋側)と富山湾まで(日本海側),サハリン,沿海州(プリモルスキー地方),朝鮮半島東岸に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マルタ(Malta)

地中海中央部にあるマルタ島ゴゾ島などからなる共和国。首都バレッタ。古くから地中海の重要拠点として各国の争奪の的となったが、1814年以来英国領となり、1964年に独立。繊維工業などが行われる。カトリック信徒が多い。2004年EU欧州連合)に加盟。2008年1月からユーロを導入。人口41万(2010)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

マルタ

◎正式名称−マルタ共和国Republic of Malta。◎面積−316km2。◎人口−42万人(2011)。◎首都−バレッタValletta(5748人,2011)。
→関連項目マルタの巨石神殿群

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

マルタ

ドイツの作曲家フリードリヒ・フォン・フロトウのドイツ語による全4幕のオペラ(1847)。原題《Martha, oder der Markt zu Richmond》。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マルタ【Malta】

正式名称=マルタ共和国Republic of Malta面積=316km2人口(1996)=37万5576人首都=バレッタValletta(日本との時差=-8時間)主要言語=英語,マルタ語通貨=マルタ・ポンドMaltese Pound地中海中央部,シチリア島とアフリカ大陸のチュニジア東岸との間に位置する共和国で,イギリス連邦に属している。マルタ本島,ゴゾ島,コミノ島の3有人島と,これらに付属するいくつかの無人の小島とからなる。

マルタ【Martha】

新約聖書中の人物。《ルカによる福音書》10章38節以下で妹のベタニアマリアとは対照的に,客であるイエスの〈接待のことで忙しくて心をとり乱す〉女性として現れる。そこから長くキリスト教の伝統では家庭婦人に求められる謙虚さと有用さの,あるいはキリスト教的実践の象徴とされた。《ヨハネによる福音書》11章は,兄弟ラザロ,妹マリアとともにベタニアの住民としており,とくに17~27節ではマリアに先んじてイエスと出会い,信仰を告白する重要な人物として描いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

マルタ【Malta】

地中海の中央部、マルタ島・ゴゾ島などから成る小さな共和国。観光事業・造船業が盛ん。地中海交通の要衝。1964年イギリスから独立。住民はイタリア系でカトリック教徒。主要言語はマルタ語・英語。首都バレッタ。面積320平方キロメートル。人口40万( 2005)。正称、マルタ共和国。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

現代外国人名録2012の解説

マルタ
Marta


国籍
ブラジル

専門
サッカー選手(サントス・FW)

生年月日
1986/2/19

経歴
スウェーデンの女子リーグでプレーし、2006年FIFA最優秀選手女子の部に選出される。2004年アテネ五輪ではブラジル代表として銀メダル獲得に貢献。2007年女子W杯中国大会でも活躍するが、ドイツに敗れ準優勝。2008年北京五輪銀メダル。2010年2度目のFIFA年間最優秀女子選手賞受賞。2011年女子W杯代表。足技に優れ、技術と力強さを併せ持つFW。

受賞
FIFA世界年間最優秀女子選手〔2006年・2010年〕

出典|日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について | 情報

最新 世界スポーツ人名事典の解説

マルタ
Marta
サッカー

サッカー選手(ティーレソーFF・FW)
生年月日:1986年2月19日
国籍:ブラジル
出生地:アラゴアス州ドイス・リアショス
別名等:本名=Marta Vieira Da Silva
受賞歴:FIFA最優秀選手賞〔2006〜2010年〕
経歴:貧しい家庭環境で育つ。14歳でリオデジャネイロの名門クラブに入団。2004年18歳でスウェーデンに渡り、女子リーグでプレー。その後はブラジル、米国、欧州を渡り歩く。2006年FIFA最優秀選手賞(FIFA女子バロンドール)に初選出され、同年より5年連続で選出される。2004年アテネ五輪ではブラジル代表として銀メダル獲得に貢献。2007年W杯ではゴールデンボールとゴールデンブーツ(大会得点王)の2冠を獲得するが、ドイツに敗れ準優勝。2008年北京五輪は銀メダル。2011年W杯はベスト8。2012年ロンドン五輪は準々決勝敗退。足技に優れ、技術と力強さを併せ持つFW。ブラジル代表の最多出場、最多得点記録を持つ。163センチ。

出典|日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について | 情報

世界大百科事典内のマルタの言及

【マルタ語】より

…マルタ人の母語で,現在マルタ共和国では英語とともに公用語とされ,言語人口は約30万。マルタ語の形成に決定的な役割を果たしたのは,870年から220年間続いたイスラム教徒の支配で,その文法,語彙の根幹をなすのはアラビア語である。…

※「マルタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マルタの関連キーワードエドワード・フェネク アダミSaint Julian'sオーベルジュドプロバンスマルタエクスペリエンスアベンティーノの丘タハジュラット神殿ファラオ・ハウンドジョージ アベーラマルサシュロックアールダラム洞窟イムナイドラ神殿アガタ バーバラハジャーイム神殿タイロナ国立公園カーマライト教会グイド デマルコペロコインチョコアガサ バーバラフルーツラムネビクトリア勲章

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マルタの関連情報