コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムックリ

デジタル大辞泉の解説

ムックリ

アイヌの民族楽器。口琴(こうきん)の一種。細長い竹の板の中央に舌状を切り出し、ひもを付けたもの。口にあててひもを引いて弁を振動させ、口腔内に共鳴させて奏する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ムックリ

アイヌの口琴ムックル,ムックナとも。竹製のトプ・ムックリは,長さ約15cm,幅約1.5cmの細長い竹片に切り込みを入れて細長い弁を作り,弁の根元にとりつけた紐を強く引っ張って振動させ,口腔に共鳴させる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ムックリ

アイヌの体鳴楽器で,世界中に広く分布する口琴の一種。形態,奏法ともにシベリアに分布する口琴に近い。長さが10~15cm,幅1.5cm,厚さ0.5cmくらいの竹の小片の中央に舌状の弁が切り込まれている。演奏の方法は,この楽器を横にして口に軽くくわえ,弁の根元の孔に通してある紐を強く引っ張って弁を連続的に振動させる。この振動が口腔に共鳴し,口腔の大きさや,呼気・吸気の強さを加減することによって,音色に微妙な変化が与えられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ムックリ

〔アイヌ語〕
アイヌの口琴こうきん。竹を薄く削り、中を細長く舌状に切り込んで振動弁を作り、そのつけ根に穴をあけて、短い棒をつけた紐ひもを結んだもの。奏法は紐を引いて弁を振動させ、口腔を開いたりせばめたり、あるいは呼吸法を調節したりして共鳴させて、さまざまな音高・音色を出す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムックリ
むっくり
mukkuri

アイヌの口琴(こうきん)。長さ15センチメートル、幅1~1.5センチメートル、厚さ2~5ミリメートル程度の竹の小片の中央部を細長く舌状に切り込んで振動弁とし、弁の基部に穴をあけて短い棒(約3センチメートル)をつけた紐(ひも)を結ぶ。奏者は、左手指で楽器を持って振動弁の先端付近を口に当て、右手指で棒を持って紐を引っ張ったり緩めたりしながら弁を振動させ、その音を口腔(こうこう)内で共鳴・増幅させる。おもに女性用の独奏楽器で、口腔の形の変化や呼吸法の調節によってさまざまな音高、音色を出す。雨音や鳥の声など自然界の音を模倣する場合が多い。[山田陽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ムックリの関連キーワード川村カ子トアイヌ記念館磯嶋 恵美子アイヌ音楽アイヌ語呼吸法音高

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ムックリの関連情報