コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つと ツト

デジタル大辞泉の解説

つ‐と

[副]
ある動作をすばやく、または、いきなりするさま。さっと。急に。不意に。「つと立ち止まる」
「瀬川は―席を立って降りると」〈荷風腕くらべ
動かないである状態を続けるさま。じっと。
「面影に―添ひておぼさるるにも」〈・桐壺〉
いちだんと力をこめるさま。ぐっと。
「例はことに鎖(さ)し固めなどもせぬを―鎖して人の音もせず」〈少女

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つと

( 副 )
動作がす早いさま。さっと。つっと。 「 -立ち上がる」 「 -見遣みやれば月の光清々すがすかしく/谷間の姫百合 謙澄
動かずにある状態を続けるさま。じっと。 「 -御かたはらに添ひ暮して/源氏 夕顔
つくづくと。 「講師の顔を-まもらへたるこそ/枕草子 33

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

つとの関連キーワード全音階(ダイアトニックスケール) [ diatonic scale]鮫(金子光晴の詩集)小鷹狩り・小鷹狩釣り道具・釣道具味噌を上げる石黒伝右衛門髱留め・髱留性を付ける一文字挵蝶百官・百寮新渡戸常澄吐哺捉髪承け引く赤ら小舟最後の助吐哺握髪塩が浸むつとめて銀出し禅囃子

つとの関連情報