コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンブラン モンブラン Montblanc, Comte des Cantons de

10件 の用語解説(モンブランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンブラン
モンブラン
Montblanc, Comte des Cantons de

[生]1832
[没]1893
フランスベルギー両国籍をもつ貴族。漢名,白山伯。江戸時代後期の文久1 (1861) 年来日し,慶応1 (65) 年薩摩藩密航留学生の一行とブリュッセルで会見,五代友厚らと交遊関係を結び,パリで薩摩藩とベルギーとの間に,薩摩領内の資源相互開発協定を結んで商社を設立し,同3年パリ万国博では幕府に対抗する薩摩藩代表岩下方平らの顧問となって活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モンブラン
モンブラン
Mont Blanc

イタリア語ではモンテビアンコ Monte Bianco。ヨーロッパアルプス山脈中の最高峰。標高 4807m。フランスとイタリアの国境にある同名の山塊の主峰で,国境のフランス側にある。山体は結晶片岩から成り,多くのけわしい峰をめぐらし,頂上から山腹にかけてメールドグラスボソン,アルジャンティエールなどの山岳氷河が分布。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モン‐ブラン(Mont Blanc)

《白い山の意》フランス・イタリア国境にある、アルプス山脈の最高峰。標高4808メートル。1786年にパッカールとバルマが初登頂。北麓のシャモニーが登山基地。イタリア語名モンテビアンコ。
ゆでた栗(くり)の裏ごしを山形に絞り出し、上を泡立てた生クリームで飾ったケーキ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

モンブラン Montblanc, Comte Charles des Cantons de

1832-1893 フランスの外交家。
伯爵。文久2年(1862)旅行者として来日し,数ヵ月で帰国。滞仏中の鹿児島藩新納中三(にいろ-なかぞう),五代友厚らと知りあい,兵器輸入の商社設立を契約,慶応3年(1867)パリ万国博で鹿児島藩の代理人となった。明治2年パリ駐在日本弁務使となる。享年61歳。号は白山伯。著作に「日本事情」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

モンブラン


芸名
モンブラン

性別
男性

生年月日
1985/02/21

星座
うお座

干支
丑年

出身地
栃木県

身長
167cm

体重
55kg

ブログタイトル
モンブランオフィシャルブログ

ブログURL
http://ameblo.jp/mf-monblanc/

職種
タレント・俳優・女優

プロフィール
マジシャンとして活躍。栃木県の那須塩原で生まれ、10代の頃から実家の駄菓子屋(後藤文具店)でマジックを披露し、たちまち行列を作ってしまうという不思議な能力の持ち主。20歳で上京し、ダーツバーを拠点にマジックの実力をつけ、2008年にデビューステージでは栃木弁を操り独特の空間を演出するが、マジックではそのキャラクターとは裏腹に、スプーン曲げやウィンドメーションといったテレビでも人気のマジックで驚愕の空間を創りだす。そのオリジナリティー溢れるキャラクターと技術が評価され、様々なスポットからレギュラー出演の依頼がある。

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

モンブラン【mont-blanc(フランス)】

洋菓子の一種。スポンジ生地パイ生地などの土台の上に、裏ごしした栗を用いたクリームをあしらったもの。代表的なものは、一人分の小さな土台の上に、クリームを山のような形に盛り上げてしぼり出したもの。頂点に栗の甘露煮をのせたものも多い。これをアルプスの最高峰モンブランに見立ててこの名がある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

モンブラン

ロボットアニメ機動戦士ガンダム」のテレビシリーズ第2作「機動戦士Zガンダム」に登場する宇宙戦艦。地球連邦軍とその特殊部隊であるティターンズに所属するサラミス改級宇宙巡洋艦。地球連邦軍の建造したサラミス級宇宙巡洋艦の改修型戦艦のひとつ。全長198メートル。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

モンブラン【Comte Charles de Montblanc,Baron d’Ingelmunster】

1833‐94
フランスの貴族。日本では白山伯の名で知られた。パリに生まれ,21歳でフィリピンにフランスの代表として派遣されたが,日本に興味をもち,1858年8月フランス外務省の学術調査員として長崎に上陸した。日本語を覚え鹿児島で島津公に近づいた。61年帰国,渡仏中の薩摩藩の新納中三(にいろなかぞう),五代友厚らと知り合い,65年にブリュッセルで五代と商社をつくり,66年には翌年のパリ万国博覧会に薩摩藩から事務総長commissaire généralに任命され,幕府とは別に琉球国の名で薩摩藩に出品させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

モンブラン【Mont Blanc】

◇ フランスとイタリアとの国境にそびえるアルプス山脈の最高峰。海抜4807メートル。氷河が発達。フランス側登山口はシャモニー。
[1] 洋菓子の一。栗を裏濾ししたものを焼いたメレンゲなどの上に絞り出し、上に泡立てたクリームを飾ったもの。に見立てての名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンブラン
もんぶらん
Mont Blanc

ヨーロッパ・アルプス西部、フランス・イタリア国境にあるヨーロッパの最高峰。イタリア語名モンテ・ビアンコMonte Bianco。標高4808メートル。山頂はフランス側にある。ボス、モン・モディ、プトレイ、イノミナータ、ブルイヤール、ビオナセイの六大山稜(さんりょう)がある。山名は「白い山」の意で、フランス側の登山基地シャモニー・モンブランからは白雪の美しい山容をみせ、メール・ド・グラス氷河が発達する。シャモニー・モンブランはアルプスでもっともにぎやかな登山・スキーの根拠地で、エギュイーユ・デュ・ミディ山に通じるロープウェーやメール・ド・グラスへの登山電車などによる観光・登山客が多い。イタリア側はブレンバとよばれる高度差1400メートルの氷壁をつくっている。
 アルプスの象徴として早くから登山の対象となり、18世紀後半スイスの科学者ド・ソシュールによって登山が提唱され、その後援によって1786年8月8日シャモニーの医師M・G・パッカールと水晶採りを業とするJ・パルマーの二人がフランス側から初登頂した。後援者のソシュールも翌年登頂している。これがヨーロッパにおける近代スポーツ登山の先駆けとなり、イギリスをはじめとする多くの登山者がアルプスの高峰へ挑み、アルプス登山の黄金時代へと発展した。日本人も1921年(大正10)、外交官で登山家の日高信六郎(ひだかしんろくろう)(1893―1976)の初登頂に始まり、現在では毎年数百人の登山者がある。多くのルートがあり、グラン・ミュレ小屋などの山小屋も多い。[徳久球雄]
『ガストン・レビュファ著、近藤等訳『美しきモン・ブラン山群――その雪と岩に刻まれた歴史』(1969・新潮社) ▽ガストン・レビュファ著、近藤等訳『モン・ブラン山群――特選100コース』(1974・山と渓谷社) ▽小川清美写真・文『シャモニ周辺を歩く――モン・ブラン山群の特選コース23』(2000・山と渓谷社) ▽三浦敬三著『99歳、モンブラン大滑降に挑む』(2002・草思社) ▽清水竜基著『はじめてのモンブラン――漫画で描く、海外登山ツアーの手記』(2004・夢工房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のモンブランの言及

【領事館】より

…日本に置かれた最初は下田にアメリカ領事ハリスが開いたものであるが,日本が外国に領事館を設置したのは,幕府が1867年(慶応3)9月サンフランシスコにおいてアメリカ人チャールズ・ウォルコット・ブルークスを雇い入れて領事事務を委任したのと,それと前後してパリでフランス人フルーリー・エラールに総領事の事務を委任したのがはじめであるという。69年(明治2)に政府はエラールに代わりフランス人モンブランを雇い入れ総領事とし,70年10月には清国の上海に仮領事館を置き品川忠道を勤務させた。翌71年11月正院は総領事以下の官を置くことを布告し,サンフランシスコ,上海に続き,ニューヨーク(1872年3月),福州(1872年9月),香港(1873年4月),ベネチア(1873年3月),マルセイユ(1874年3月),ローマ(1874年7月),厦門(アモイ)(1875年4月),天津(1875年9月),ホノルル(1875年11月),牛荘(1876年3月),ロンドン(1876年4月),芝罘(チーフー)(1876年5月),ウラジオストク(1876年12月),ミラノ(1878年5月),シンガポール(1879年4月)と逐次設置した。…

※「モンブラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モンブランの関連キーワードインターナショナルインターナショナルステークスデュオフォールド インターナショナルナルミヤ・インターナショナルカードエクマインターナショナル第二半インターナショナルナルミヤ・インターナショナルハウインターナショナル東レインターナショナルフォルクル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モンブランの関連情報