コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラブ ラブ Rabbe, Aplhonse

6件 の用語解説(ラブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラブ
ラブ
Rabbe, Aplhonse

[生]1786.7.18. リエ
[没]1830.1.1. パリ
フランスの作家。いわゆる小ロマン派の一人。若い頃スペインで兵役に服したが,梅毒にかかり,やがてパリに出て執筆活動に従事。王政復古政府に協力するが,身分の低さゆえ出世ができず,エクスにおもむいてしばらく弁護士を開業。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラブ(love)

[名](スル)
異性を恋すること。恋愛。「プラトニック―」
「この半身像にすっかり―してしまって」〈寅彦・先生への通信〉
恋人。愛人。
テニスバドミントンで、得点が零点のこと。無得点。「―オール

ラブ(Rab)

クロアチア西部、アドリア海に浮かぶラブ島の町。同島南岸に位置し、最も人口が多い。旧市街は聖マリア大聖堂、聖ユスティン教会などの歴史的建造物があり、中世の面影を残している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ラブ

アメリカのポピュラーソング。作詞:ミルト・ガブラー、作曲:ベルト・ケンプフェルト。原題《L-O-V-E》。ナットキングコールが1964年に録音したものがヒットした。

ラブ

イギリス人ミュージシャン、元ビートルズジョン・レノンの曲。ファースト・ソロ・アルバムジョンの魂」(1970年)に収録されたラブ・バラード。82年のベスト・アルバム発売時にシングルになっている。71年にレターメンがカバーし、全米第19位を記録。原題《Love》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ラブ【love】

愛。愛情。
恋。恋愛。
情事。
テニスなどで、無得点。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラブの関連キーワード哀・愛・穢・隘・靄波雲の愛・真たとえば、愛パラサイト/愛の秘密Family 愛Land You1914/愛愛冠愛知町《‘愛’のかたち》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラブの関連情報