コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン(燐) りん

2件 の用語解説(リン(燐)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

リン(燐)【りん】

元素記号はP。原子番号15,原子量30.973761998。非金属元素の一つ。1669年ブラントが尿中より発見。白リン,紫リン,黒リンなど10種類以上の同素体があるが,完全には解明されていない。
→関連項目下水処理場

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りん【リン(燐) phosphorus】

周期表元素記号=P 原子番号=15原子量=30.97376地殻中の存在度=1050ppm(10位)安定核種存在比 31P=100%融点・沸点・比重=(別表参照)エチルアルコールに対する溶解度=0.312g/飽和溶液100g(室温)ジエチルエーテルに対する溶解度=1.23g/飽和溶液100g(15.5℃)アセトンに対する溶解度=0.14g/100g(25℃)四塩化炭素に対する溶解度=1.82g/100g(40℃)ヘプタンに対する溶解度=2.16g/100g(40℃)ベンゼンに対する溶解度=4.9g/100g(30℃)電子配置=[Ne]3s23p3おもな酸化数=-III,III,V1669年ドイツ錬金術師ブラントH.Brandが銀を黄金に変える液体を作ろうとして尿を空気を遮断して強熱した際に発見した非金属元素の一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リン(燐)の関連キーワードエルビウムガリウムケイ素スズタリウムツリウムハフニウムヒ素フッ素ホルミウム

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone