コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三木[町] みき

百科事典マイペディアの解説

三木[町]【みき】

香川県中部,木田郡の町。南部は讃岐(さぬき)山脈北斜面,中部は低地,北部は丘陵地。米,麦,イチゴを産し,乳牛飼育が盛ん。近年は高松市のベッドタウンとして,宅地化,商業地化が進んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みき【三木[町]】

香川県中部,木田郡の町。人口2万7766(1995)。西は高松市に,南は讃岐山脈を境に徳島県に接する。北半部は讃岐平野東部を占め,新川が北流する。高松琴平電鉄長尾線と県道(長尾街道)沿いに古くからの地方中心であった池戸,平木の市街地が形成されている。近年,高松市近郊の町としてベッドタウン化が進み,香川大学農学部,香川医科大学・付属病院もある。米作を中心にタバコ,野菜,果樹の栽培が盛んであるが,兼業化が進んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報