コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下る/降る オル

2件 の用語解説(下る/降るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

お・る【下る/降る】

[動ラ上二]おりる」の文語形。

くだ・る【下る/降る】

[動ラ五(四)]
上から下へ、高いところから低いところへ移る。⇔のぼる
㋐下方へ向かって移動する。おりる。「坂を―・る」
㋑川下の方へ進む。「船で川を―・る」

㋐中央から地方へ行く。「東海道を―・る」⇔のぼる
㋑《内裏が都の北にあったところから》京都の中で南に行く。
(「野(や)にくだる」の形で)官職をやめる。公の職務を離れて民間人になる。また、野党の立場になる。
(「獄(ごく)にくだる」の形で)牢獄に入って刑に服する。
「魚玄機が人を殺して獄に―・った」〈鴎外魚玄機

㋐高い地位の人から下げ渡される。下賜される。「恩賜金が―・る」
㋑判断や命令などが言い渡される。「判決が―・る」「辞令が―・る」
時、時代が移る。後世になる。「―・って明治の御世(みよ)になる」
(ふつう「降る」と書く)負けて降伏する。「敵の軍門に―・る」
(多く打消しの語を伴って用いる)ある基準の数値・数量よりも下になる。下回る。「犠牲者は一千人を―・らないだろう」
程度・価値などが劣る。「数段―・る」「品が―・る」
「是れより―・っては、背皺(せしわ)よると枕詞の付く『スコッチ』の背広」〈二葉亭浮雲
10
㋐薬などの作用によって体外へ出る。「虫が―・る」
㋑(「瀉る」とも書く)下痢をする。「腹が―・る」
11 涙が流れ出る。「声涙ともに―・る」
「猿(さる)を聞(きき)て実(じつ)に―・る三声のなみだ」〈曠野
12 雨などが降る。
「雨、昨日(きのふ)の夕べより―・り」〈かげろふ・下〉
13 場所が低い状態である。
「ひんがしの廂(ひさし)の―・りたるかたに」〈・椎本〉
14 へりくだる。謙遜する。
「大人(うし)の―・り給ふこと甚し」〈読・雨月吉備津の釜〉
下(お)りる[用法]
[可能]くだれる
[下接句]軍門に降(くだ)る陣門に降る声涙倶(とも)に下る腹が下る野(や)に下る

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone