コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海道下り カイドウクダリ

デジタル大辞泉の解説

かいどう‐くだり〔カイダウ‐〕【海道下り】

昔、京都から東海道を通って東国に旅をしたこと。あずまくだり。
中世歌謡の一群。叙情的な歌の中に、東海道を京都から東国へ下る道中の地名・景物を詠み込んだもの。閑吟集などに所収
狂言小舞2の一つを地としたもの。本狂言では「越後聟(えちごむこ)」「蜘盗人(くもぬすびと)」などで舞われる。のち、歌舞伎にも入った。
歌舞伎舞踊3を取り入れたもの。江戸市村座の家狂言で、承応元年(1652)初演

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かいどうくだり【海道下り】

東海道を京から東国へ向かってくだる情景を描写した文芸,または芸能。形式は道行文に発しているが,鎌倉に幕府がおかれ,東海道が交通の第1の要路となった時代から,文芸の上に多く見られるようになる。《海道記》《東関紀行》《義経記》などの海道下りが残るが,ことに《平家物語》およびその影響下に作られた《太平記》巻二〈俊基朝臣関東下向事〉などがよく知られている。一方歌謡には,鎌倉中期以降に流行した宴曲(えんきよく)を集めた《宴曲集》(1296成立)に載る〈海道〉上中下,室町時代の流行歌集《閑吟集(かんぎんしゆう)》(1518成立)の〈面白の海道下りや〉で始まる放下(ほうか)歌などが残っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かいどうくだり【海道下り】

京都から東海道を通って関東へ行くこと。あずまくだり。
の道中を叙景する、曲舞くせまい・狂言謡などの中世の謡い物。近世には三味線歌曲・歌舞伎狂言ともなった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

海道下りの関連キーワード右近源左衛門歌舞伎狂言品川区東下り寿狂言狂言謡一群盗人景物中世近世道中雪祭曲舞

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android