コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五人組(日本史) ごにんぐみ

1件 の用語解説(五人組(日本史)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

五人組(日本史)【ごにんぐみ】

江戸時代庶民の隣保組織。1603年幕府が京都に十人組を作ったのが初めで,被支配者間の連帯責任・相互監察の制度として漸次整備された。目的はキリシタン禁止や浪人取締り。
→関連項目組頭郷村制本百姓宮津

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

五人組(日本史)の関連キーワード江戸時代郷校五人組五保什伍庶民的隣保隣保事業民の竈入長定

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone