コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今市[市] いまいち

百科事典マイペディアの解説

今市[市]【いまいち】

栃木県中部の旧市。1954年市制。日光火山群の東麓と鬼怒(きぬ)川の支流大谷(だいや)川の扇状地を占める。扇央にある中心市街は日光に通じる日光・例幣使・会津の諸街道が集中する宿場町,穀市で有名な市場町として発展。
→関連項目日光例幣使街道壬生通り

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いまいち【今市[市]】

栃木県中部の市。1954年市制。人口6万0811(1995)。中心集落今市は鬼怒川の支流大谷(だいや)川が作る扇状地の扇頂部に位置し,近世には日光道中(現,国道119号線)の宿駅として栄えた街村集落である。旧街道沿いには特別史跡特別天然記念物として有名な杉並木がある。明治以降は国鉄(現JR)日光線(1890開通),東武日光線(1929開通),鬼怒川線(1920年に下野軌道として開通)の分岐点として,また日光地方,鬼怒川上流地方などに対する地方中心都市として発展してきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今市[市]の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広世界のおもなアカデミートルンカ新藤兼人溝口健二石井桃子オータン・ララ川島雄三国民保養温泉

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android