コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

切っ掛け(読み)キッカケ

デジタル大辞泉の解説

きっ‐かけ【切っ掛け】

物事を始める手がかり。糸口。また、原因や動機。「事態打開の切っ掛けをつかむ」「ふとした切っ掛けで知り合う」
歌舞伎などの舞台で、俳優の出入り、音楽・照明の変化などの進行上の合図となる動作やせりふ。「下座(げざ)に切っ掛けを渡す」
符号。しるし。
「けいこ本の所々へ〇(まるいもの)や△(うろこ)や、色々な―をして」〈滑・浮世床・初〉
気勢。心意気。
「男の―を外すまじきとて」〈甲陽軍鑑・一六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きっかけ【切っ掛け】

物事を始めるための手がかりや機会。また、物事が始まる原因や動機。 「話の-をさがす」 「ひょんな-で友人となる」
(普通「キッカケ」と書く)歌舞伎などで、演技や効果などの開始、次への進行を指示する種々の合図。
体面。意地。 「男道の-をはづしても勘忍いたせ/甲陽軍鑑 品一六
符号。しるし。 「稽古本の所々へ○まるいものや△うろこや、いろ〱な-をして覚えたといふ奴だ/滑稽本・浮世床

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

切っ掛けの関連情報