切っ掛け(読み)キッカケ

デジタル大辞泉 「切っ掛け」の意味・読み・例文・類語

きっ‐かけ【切っ掛け】

物事を始める手がかり。糸口。また、原因動機。「事態打開の切っ掛けをつかむ」「ふとした切っ掛けで知り合う」
歌舞伎などの舞台で、俳優出入り、音楽・照明の変化などの進行上の合図となる動作やせりふ。「下座げざ切っ掛けを渡す」
符号。しるし。
「けいこ本の所々まるいものうろこや、色々な―をして」〈滑・浮世床・初〉
気勢心意気
「男の―を外すまじきとて」〈甲陽軍鑑一六
[類語]契機原因もとたね起こりいん因由素因真因要因一因導因誘因理由事由じゆうわけ近因遠因せい起因する基づく発する根差す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android