前原[市](読み)まえばる

百科事典マイペディア「前原[市]」の解説

前原[市]【まえばる】

福岡県西部の旧市。1992年市制。脊振(せふり)山地北斜面から糸島半島基部の低地を占め,主集落は旧宿場町,市場町として発達,筑肥線,福岡前原道路が通じる。米作,野菜・ミカン・キク栽培が盛んで,ノリ養殖も行われる。近年は福岡市への通勤者が増加。《魏志倭人伝》にある伊都国があった地とされ,志登支石墓群,怡土(いと)城跡,雷山神籠(こうご)石(いずれも史跡)など遺跡が多い。伊都国歴史博物館がある。南西部県境の羽金山には電波時計へのはがね山標準電波送信所がある。2010年1月糸島郡二丈町,志摩町と合併,糸島市となる。104.50km2。6万7275人(2005)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「前原[市]」の解説

まえばる【前原[市]】

福岡県西部にある市。1992年市制。人口5万7944(1995)。糸島半島基部に位置し,東は福岡市に,南は佐賀県に接する。南部県境地帯は,脊振山地の急な断層崖と崖下に形成された雷山(らいざん)川と瑞梅寺川の扇状地が占め,北部は沖積平野で,肥沃農地となっている。先史時代から大陸との交流が多く,《魏志倭人伝》の伊都(いと)国は町域内にその中心があったといわれる。怡土(いと)城跡,志登支石墓群,雷山神籠石こうごいし)はいずれも国指定史跡であり,平原(ひらばる)遺跡は径46.5cmの仿製(ぼうせい)内行花文鏡が出土した遺跡として有名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android