加速器(原子物理)(読み)かそくき

百科事典マイペディアの解説

加速器(原子物理)【かそくき】

加速装置とも。α粒子や陽子,電子などの荷電粒子を加速して高い運動エネルギーをもたせる装置。原子核や素粒子に当てて,その構造,性質を調べるため,また医療や放射化学にも利用される。加速の方法から静電場によるもの(バン・デ・グラーフ起電機など),電磁誘導を利用するもの(ベータトロンなど),高周波電場で繰り返し加速する線形加速器や円形加速器(サイクロトロンシンクロサイクロトロンシンクロトロンなど)などがあり,エネルギーは数百万〜数百億電子ボルトにわたる。→衝突型加速器
→関連項目粒子線治療

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android