コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名簿・名符 みょうぶ

大辞林 第三版の解説

みょうぶ【名簿・名符】

主として平安時代に、主従関係が成立する時、服従・奉仕のあかしとして従者から主人へ奉呈される官位・姓名・年月日を記した書き付け。官位の請願・秘伝の授受などに際しても下位者から上位者へ差し出された。名付き。名書なぶみ。二字にじ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

名簿・名符の関連キーワード平安時代年月日姓名請願授受官位従者

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android