土壇場・土断場(読み)どたんば

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 首斬りの刑を行なう場所。首斬り場。しおきば。どだん。
※咄本・楽牽頭(1772)首売「政宗の刀を出され、どだんばへつれ行しに」
② 最後の決断をせまられる場面。せっぱつまった場合。進退きわまった場合。
※都会(1908)〈生田葵山〉葛藤「婦女(をんな)の身には恐ろしい危険場(ドタンバ)に坐って居るのに気が附き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android