コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大安[町] だいあん

2件 の用語解説(大安[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大安[町]【だいあん】

三重県北部,員弁(いなべ)郡の旧町。鈴鹿山脈の東斜面と員弁川に沿う沖積平野を占める。かつて南都七大寺の一つ大安寺の寺領であった。米作が盛んで,酪農,製茶も行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいあん【大安[町]】

三重県北部,員弁(いなべ)郡の町。人口1万4873(1995)。町域の西部は竜ヶ岳を含む鈴鹿山脈の山地で,東部は員弁川の沖積平野である。鈴鹿山脈山麓の扇状地では,マンボ呼ばれる横井戸が掘られ利用されている。《和名抄》記載の笠間・石加両郷の地で,町名は古代に奈良大安寺の寺領であったことに由来する。農業が主産業で北勢の穀倉地帯であり,ほかに酪農,茶栽培が行われる。近年,工業団地の造成とともに工場が進出し,また四日市市方面への通勤者が増加していることもあって,人口は微増している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone