コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大安[町] だいあん

2件 の用語解説(大安[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大安[町]【だいあん】

三重県北部,員弁(いなべ)郡の旧町。鈴鹿山脈の東斜面と員弁川に沿う沖積平野を占める。かつて南都七大寺の一つ大安寺の寺領であった。米作が盛んで,酪農,製茶も行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

だいあん【大安[町]】

三重県北部,員弁(いなべ)郡の町。人口1万4873(1995)。町域の西部は竜ヶ岳を含む鈴鹿山脈の山地で,東部は員弁川の沖積平野である。鈴鹿山脈山麓の扇状地では,マンボ呼ばれる横井戸が掘られ利用されている。《和名抄》記載の笠間・石加両郷の地で,町名は古代に奈良大安寺の寺領であったことに由来する。農業が主産業で北勢の穀倉地帯であり,ほかに酪農,茶栽培が行われる。近年,工業団地の造成とともに工場が進出し,また四日市市方面への通勤者が増加していることもあって,人口は微増している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大安[町]の関連キーワード四日市三重銀行いなべ亀山鈴鹿岡田正堅瀬木君耕並河昇林杢兵衛富士の光

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone