コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大庭御厨 おおばのみくりや

3件 の用語解説(大庭御厨の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大庭御厨【おおばのみくりや】

相模国高座(たかくら)郡にあった伊勢神宮領。現神奈川県藤沢市茅ヶ崎市一帯にあたる。大庭氏の祖鎌倉権五郎景正が浮浪人を使って開発,12世紀初頭に伊勢神宮御厨として相模国司の免判(めんぱん)を得,1141年宣旨により正式に御厨の承認を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おおばのみくりや【大庭御厨】

相模国高座郡大庭郷(神奈川県藤沢市内)にあった伊勢神宮の荘園で,12世紀初めに成立。同国住人鎌倉景政が浮浪人を使って開発し,1117年(永久5)に伊勢神宮に寄進した。大庭郷内の新しい郷の沼郷,殿原郷,香川郷など13郷からなる約95町の田地で,中世には150町といわれる。景政の子孫が本御厨の御厨司,下司職を世襲,孫景忠の時より大庭氏(おおばうじ)を称した。1144年(天養1)若き源義朝は,留守所目代の源頼清と結託,三浦,中村などの自分の郎従と在庁官人を率いて沼郷に乱入して,武力による横暴を働き,神人(じにん)を殺した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大庭御厨
おおばのみくりや

相模(さがみ)国高座(たかくら)郡大庭郷(神奈川県藤沢市)に設定された伊勢(いせ)神宮の御厨(みくりや)。鎌倉権五郎景政(景正)(ごんのごろうかげまさ)が大庭郷内の山野を開発し、1117年(永久5)伊勢神宮に寄進して御厨とした。以後景政の子孫が下司職(げししき)を世襲し、大庭氏を称した。四至(しいし)は東は俣野(またの)川、南は海、西は神郷、北は大牧埼で、田地面積は12世紀中ごろで95町、のちには150町ほどになった。当初は国免地(こくめんち)であったため、絶えず国司による収公の危険にさらされたが、やがて勅免地(ちょくめんち)となって安定した。その直後の1145年(久安1)源義朝(よしとも)は御厨内の鵠沼(くげぬま)郷に乱入して押領を企てたが成功しなかった。この事件のようすは『天養記(てんようき)』によって知られる。[山本博也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大庭御厨の言及

【大庭氏】より

…相模国大庭御厨(みくりや)を本領とする中世の武家。桓武平氏の流れをくむ鎌倉権五郎景政の開発・寄進によって成立した大庭御厨は,その子孫が代々現地支配にあたり,景政の孫景忠はとくに大庭を称し大庭氏の祖となる。…

※「大庭御厨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大庭御厨の関連キーワード寒川清浄光寺竜口寺湘南工科大学寒川神社えのすい安田米斎サクセスアカデミー

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone