コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安中[市] あんなか

百科事典マイペディアの解説

安中[市]【あんなか】

群馬県中南部の市。1958年市制。碓氷(うすい)川とその支流の流域を占め,北部は丘陵地。高崎市の西に接し,西側の長野県境には碓氷峠がある。中心市街は碓氷川左岸の台地上にあって街村状をなし,板倉氏の城下町,中山道宿場町市場町として,また東部の板鼻も中山道の宿場町として発展。信越本線,上信越自動車道が通じる。安中駅南側の丘陵に大規模な亜鉛製錬工場があり,排水に含まれるカドミウム汚染の公害問題(1971年)をおこした。碓氷川右岸の磯部には化学工場があり,工業団地も造成されている。北部には大規模な秋間梅林,西部には磯部温泉がある。同志社大学の創立者新島襄の出身地で,旧宅が公開されている。2006年3月碓氷郡松井田町を編入。276.31km2。6万1077人(2010)。
→関連項目板倉氏

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あんなか【安中[市]】

群馬県南西部の市。1955年安中,原市,磯部,板鼻の4町と後閑,東横野,岩野谷,秋間の4村が合体して安中町となり,1958年に市制。人口4万7079(1995)。利根川の支流碓氷川流域の下流部を占め,中山道の要地で,市域内に板鼻,安中,原市の3宿があった。中心地の安中は旧城下町から発展し,市場町でもあった。1893年信越本線開通後は養蚕業の中心となり,その後安中駅南側の丘陵地の東邦亜鉛安中製錬所(1937設立)と,磯部駅近くの信越化学の工場を中心に工業化が進んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android