山国(京都府)(読み)やまぐに

日本大百科全書(ニッポニカ)「山国(京都府)」の解説

山国(京都府)
やまぐに

京都市右京(うきょう)区の北西部にあたる旧京北(けいほく)町の一地区。禁裏(きんり)との関係が深く、幕末戊辰(ぼしん)戦争では山国郷の郷士が山国隊を組織して戦いに参加した。毎年10月に行われる山国神社の還幸祭で山国隊の行進がみられ、山国隊軍楽は京都府の無形民俗文化財となっている。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android