川尻(読み)かわじり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

川尻(広島県)
かわじり

広島県南部、豊田(とよた)郡にあった旧町名(川尻町(ちょう))。現在は呉(くれ)市川尻町地区。1922年(大正11)町制施行、2004年(平成16)呉市に編入。旧川尻町はJR呉線、国道185号が通じ、背後には高原台地の野呂(のろ)山、前面には瀬戸内海を望む景勝の地にある。古くから漁業中心であったが、今日では中小の金属、機械、造船などの工業があり、毛筆の生産も盛んである。野呂山は展望美に優れ、瀬戸内海国立公園の一部で、山頂へは「さざなみスカイライン」が通じる。下蒲刈(しもかまがり)島とは安芸灘(あきなだ)大橋でつながる。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川尻の関連情報