コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当事者能力 とうじしゃのうりょく Parteifähigkeit

5件 の用語解説(当事者能力の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

当事者能力
とうじしゃのうりょく
Parteifähigkeit

(1) 民事訴訟法上は,当事者となることができる一般的能力。いかなる権利あるいは法律関係が争いとなっているかに関係なく,一般的に定められ,特定の争いに関して本案判決を求めることのできる資格である当事者適格と区別される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうじしゃ‐のうりょく〔タウジシヤ‐〕【当事者能力】

訴訟法上、訴訟の当事者となることができる能力。原則として、自然人法人はすべてこれを有し、権利能力のない社団または財団でも代表者または管理人の定めがあるものは認められる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とうじしゃのうりょく【当事者能力】

(1)民事訴訟法上,訴訟当事者(原告または被告)となることのできる一般的能力をいう。当事者能力は,実体法上の権利能力(権利義務の主体となりうる一般的能力)とパラレルな概念であり,具体的事件を離れて抽象的にだれが訴訟の当事者となれるか,の問題である。その点で,特定具体的紛争を有効適切に解決するにはだれをその訴訟の当事者とすればよいか,の問題である当事者適格とは異なる。当事者能力は,このように民事訴訟における原告または被告となりうる一般的能力を意味するが,転じて,ある者を交渉の相手方として扱ってよいか,その者が組織上独立に決断しうるか否かを問題とする場合にも用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうじしゃのうりょく【当事者能力】

訴訟法上、原告・被告などの訴訟当事者となることができる一般的能力。原則として、自然人および法人はすべて当事者能力を有する。
当事者として、責任をもって事態に対処できる能力。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

当事者能力
とうじしゃのうりょく

民事訴訟において当事者となりうる一般的能力をいう。具体的な訴訟事件の内容とは無関係な一般的な能力であって、当事者適格(具体的事件における特定の訴訟物との関係で本案判決を受けるに適する資格をいう)とは異なる。
 訴訟で争われるのは実体法上の権利・義務であるから、訴訟当事者たりうるのは、実体法上の権利・義務の主体たりうる者でなければならない。このゆえに、当事者能力は民法の規定に従うとされ(民事訴訟法28条)、結局、実体法上の権利能力と同様に考えられる。それゆえ、実体法上の権利能力者たる自然人、法人は当事者能力を有する。このほか、国、地方公共団体も当事者能力を有する。さらに、民事訴訟法は、実体法上は権利能力を有しない、権利能力なき社団または財団のうち、代表者または管理人の定めあるものに当事者能力を認めた(同法29条)。たとえば、同窓会、青年団、法人格をもたない労働組合などがこれに該当するが、社会で現実に法主体として活動していることの訴訟面への反映である。当事者が当事者能力を有することは訴訟要件であり、裁判所は職権でもって調査しなければならず、これの欠缺(けんけつ)あるときは、裁判所は訴えを不適法として却下しなければならない。[本間義信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の当事者能力の言及

【訴訟当事者】より

…何を基準として確定するかにつき,当事者らしい行動とする説,当事者たる意思とする説,訴状の表示とする説(通説),訴訟開始時には訴状の表示を基準とし,判決確定後は前訴の全訴訟過程を総合して判断すべしとする説が対立している。 訴訟当事者たるためには当事者能力と当事者適格がなければならない。当事者能力は,具体的紛争を離れておよそ一般的に自己の名で訴訟をする資格であり,原則として民法の権利能力とパラレルに考えられている。…

※「当事者能力」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

当事者能力の関連キーワード証拠物選定当事者訴状訴訟当事者訴訟能力訴訟要件手続法当事者適格当事者上訴権

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

当事者能力の関連情報