コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性感染症(STD) せいかんせんしょうえすてぃーでぃー

1件 の用語解説(性感染症(STD)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

せいかんせんしょうえすてぃーでぃー【性感染症(STD)】

 性行為にともなって、人から人へと感染する病気を性感染症といいます。
 英語では、性感染症のことをsexually(性行為で)transmitted(感染する)disease(病気)といい、この英語の頭文字をとってSTDともいいます。
 性感染症にはいろいろな病気があって表「おもな性感染症(STD)と病原体」、近年、性の解放と性行動の多様化にともなって、増加の傾向にあります。
 なお、日本では、梅毒(ばいどく)、淋病(りんびょう)、軟性下疳(なんせいげかん)、鼠径(そけい)リンパ肉芽腫(にくげしゅ)の4つを、1948年に制定された性病予防法の対象疾患としてきましたので、これらをまとめて性病と呼ぶこともあります。
●性感染症の特徴と注意点
①性感染症は、感染して数日後から症状が現われ、それとわかる病気が多いのですが、梅毒やエイズのように潜伏期間が長く、なかなか症状の出てこないものもあります。しかも、検査をしても、感染後、梅毒は6週間以上、エイズは8週間以上たたないと感染した証拠が出てきません。
②性感染症は、症状が性器に現われるとはかぎりません。皮膚、肛門(こうもん)、くちびる、のどなどに発疹(ほっしん)、潰瘍(かいよう)といった症状が出ることもあります。
 このため、性感染症とは本人が気づいていないことも多いものです。
③症状の現われ方が、男性と女性とではちがう病気もあります。
 たとえば、淋菌(りんきん)やクラミジアの感染による尿道炎(にょうどうえん)の場合、男性は初期からはっきりとした症状が現われますが、女性ははっきりとした症状が出てこないため、本人が病気に気づかずにいて、感染源になっていることがあります。
④本人が治療を受けるのは当然ですが、セックスパートナーも検査を受け、病気にかかっていれば治療を受ける必要があります。そうしないと、相手からまた同じ病気をうつされます。
⑤近年、海外から性感染症をもち帰る人が増えています。また、日本へ来る外国人がもち込む性感染症も増加しています。不特定の人、とくに外国人と性的な接触をもつときには、確かな予防策を講じることがたいせつです。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

性感染症(STD)の関連キーワードSTD性感染症性病ペット感染症花柳病性行為性行為感染症聞継ぐ持続的感染C型肝炎ウイルスと感染

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

性感染症(STD)の関連情報