コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新津[市] にいつ

百科事典マイペディアの解説

新津[市]【にいつ】

新潟県中部,越後平野のほぼ中央部を占める旧市。1951年市制。中心市街は江戸時代,市場町として発達。明治以後新津油田が開発され,1906年―1917年最盛期を迎えたが,近年は衰退した。
→関連項目白新線磐越西線

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にいつ【新津[市]】

新潟県北部の市。1951年市制。人口6万5569(1995)。魚沼丘陵の北端にあり,信濃・阿賀野両川とこれを結ぶ小阿賀野川に囲まれ,中央を能代(のうだい)川が北流している。中世,新津氏が居城を構え,近世は新発田(しばた)藩領に属し,越後平野農産物などを取引する市場町としてにぎわった。藩政時代に始まる石油の採掘は,明治末から大正初期が最盛期で月産1万klをこえたが,その後採油量は激減した。1914年羽越本線岩越線(現,磐越西線)が開通し,新津駅は信越本線を加えた3路線の接続駅として重要性が高まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone