コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新津[市] にいつ

2件 の用語解説(新津[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

新津[市]【にいつ】

新潟県中部,越後平野のほぼ中央部を占める旧市。1951年市制。中心市街は江戸時代,市場町として発達。明治以後新津油田が開発され,1906年―1917年最盛期を迎えたが,近年は衰退した。
→関連項目白新線磐越西線

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

にいつ【新津[市]】

新潟県北部の市。1951年市制。人口6万5569(1995)。魚沼丘陵の北端にあり,信濃・阿賀野両川とこれを結ぶ小阿賀野川に囲まれ,中央を能代(のうだい)川が北流している。中世,新津氏が居城を構え,近世は新発田(しばた)藩領に属し,越後平野農産物などを取引する市場町としてにぎわった。藩政時代に始まる石油の採掘は,明治末から大正初期が最盛期で月産1万klをこえたが,その後採油量は激減した。1914年羽越本線岩越線(現,磐越西線)が開通し,新津駅は信越本線を加えた3路線の接続駅として重要性が高まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新津[市]の関連キーワード印西佐倉新発田深谷天理新潟二戸福井飛騨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone