コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新津[市](読み)にいつ

百科事典マイペディアの解説

新津[市]【にいつ】

新潟県中部,越後平野のほぼ中央部を占める旧市。1951年市制。中心市街は江戸時代,市場町として発達。明治以後新津油田が開発され,1906年―1917年最盛期を迎えたが,近年は衰退した。市南部には石油の里公園があり,1988年に世界館が開館した。農村部は野菜とチューリップの栽培が盛ん。交通の要衝で,信越本線,羽越本線,磐越西線,磐越自動車道が通じ,近年宅地化が進んでいる。2005年3月白根市,豊栄市,中蒲原郡小須戸町,横越町,亀田町,西蒲原郡岩室村,西川町,味方村,潟東村,月潟村,中之口村と新潟市へ編入。78.28km2。6万7679人(2003)。
→関連項目白新線磐越西線

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にいつ【新津[市]】

新潟県北部の市。1951年市制。人口6万5569(1995)。魚沼丘陵の北端にあり,信濃・阿賀野両川とこれを結ぶ小阿賀野川に囲まれ,中央を能代(のうだい)川が北流している。中世,新津氏が居城を構え,近世は新発田(しばた)藩領に属し,越後平野の農産物などを取引する市場町としてにぎわった。藩政時代に始まる石油の採掘は,明治末から大正初期が最盛期で月産1万klをこえたが,その後採油量は激減した。1914年羽越本線,岩越線(現,磐越西線)が開通し,新津駅は信越本線を加えた3路線の接続駅として重要性が高まった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報